LUNAママのぷれしゃす
usaluna.exblog.jp

連れ連れなるままに大切な人や物、出来事について
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
>わぁ!tamakiさん..
by pink_alien98 at 01:18
うさるなさま お久しぶ..
by tamaki at 07:20
>2017-02-18 ..
by pink_alien98 at 12:57
>2016-12-12 ..
by pink_alien98 at 20:22
>2016-11-29 ..
by pink_alien98 at 22:14
>tamakiちゃん、わ..
by pink_alien98 at 21:55
うさるなさま お久しぶ..
by tamaki at 20:38
> 2016-11-13..
by pink_alien98 at 10:03
 >2016-11-05..
by pink_alien98 at 10:50
 >2016-09-24..
by pink_alien98 at 07:59
>2016ー09ー15 ..
by pink_alien98 at 05:18
>2007-04-23 ..
by pink_alien98 at 07:02
>2016-06-30 ..
by pink_alien98 at 22:59
>2016-06-11 ..
by pink_alien98 at 10:48
>林檎さん、おはようござ..
by pink_alien98 at 10:24
リンク
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル ファンクラブ


BH Entertainment

セピア写真館・木霊分室

わくわく!バンジージャンプするっ!

Myさらんビョンホンoppa

ボケのひとりごと LBH三昧

韓流HiT!

韓流ショップ


☆お願い。
どんな事でも構いません。
誹謗中傷以外なら、足跡残して行って下さいましな。

☆もしもこのブログをリンクされる時には、先に私にご連絡下さいませ。

☆ここで記載させて頂いている画像・引用文の権利は、著作権元に帰属します。 あくまで、わたくしの趣味の範囲でのこととご承知置き下さいませ。

☆ 素材やさん Lip Stick

素材やさん   NOION

素材やさん あんずいろapricot×color


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
何かありましたら、こちらの方へ連絡下さいませ。
precious0712@hotmail.co.jp

 
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
万能調理器具レミ・ヒラノ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
単身 引越し準備リスト
from 単身 引越し準備リスト
収納のマル秘テクニック
from 収納のマル秘テクニック
引越し 日取り 吉日
from 引越し 日取り 吉日
アウトラスト お昼寝マッ..
from エコの時代! 節電・節約・エ..
女優やトップモデルに大人..
from トリーバーチ(TORY BU..
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:映画/ドラマ( 276 )
END OF SKY
f0008449_08541243.jpg



ちびうさのリクで・・・
まぁ、体調もまぁまぁ回復したから、大丈夫かなと

窪田君が出演しているから、観に行く事に。

しかし、一作目同様、痛かった!
自分が殴られているわけじゃないけど。

もう、不死身?
人間じゃないから・・・

力入り過ぎて、肩凝りが酷くなってしまいました。
それに、狭いスクリーンだったのに、音が大爆音で、耳も痛いし、いやはや、年寄り向きではありませぬ(苦笑)。

ただ、窪田君の空を見上げる姿が、本当に綺麗で!
そのシーンで良しと致します(上から目線で失礼なり)

CHAPTER BOOK-2
思わぬ来場特典
しかもRUDEBOYS!
窪田君演じるSMOKYが!

これってアットランダム?
じゃなくて、きっと二週目の特典だよね?
何て幸運!

しかし、しかし、ENDとタイトルに含まれているにも関わらず、11月11日に3ってどう言う事⁉︎

ちびうさは、見始めて、ん?
雨宮兄弟のシーン多過ぎ、こりゃ続編ありだなと感じたそう。

そっか、うさは鈍感だね、そんな事思いもせずに、エンディングはどうなるの?って、固唾を飲みつつ、痛い痛いと感じながらの鑑賞となったわけでして(苦笑)

また、秋に痛い思いしなくちゃならないわけね。

琥珀の
暴力は間違っているけれど、闘いに行く気持ちは間違っていない(正確なセリフではありません!こんなような意味合いのと言う事で)

仲間を守ること、大切なものを守るために、奮い起こす勇気、これほど熱い絆で結ばれる事って・・・

そんな思いが存在すれば、そして、それが闘いをせずして叶えば・・・
いいのに・・・

九龍会の面々の皆様、本当に役者が本業?
あちらの世界にいませんでしたか?くらいな迫力で、怖過ぎでした。

そして、一作目同様感じた事は、アクションの素晴らしさと美術班の相変わらずのディテールに拘りを持ったリアリティに脱帽なり。

今作を撮るに当たって、関わった全ての方々、監督さん、役者さん、スタッフさん達の意気込みが十二分に感じられました。

ただ、やはり、うさは、暴力は苦手なり・・・

何かを誰かを守るために、どうすれば・・・

今シリーズを愛されている方々には、何だよみたいな感想になっているでしょうが、そこは、人の数だけ思いはあると言う事で、お許しを。

さて、11月はまた痛い思いをしにゆきますかね。



f0008449_08541316.jpg

f0008449_08541386.jpg

f0008449_08541445.jpg

f0008449_08541531.jpg

f0008449_08541516.jpg

f0008449_08541607.jpg

f0008449_08541614.jpg

f0008449_08541772.jpg




やっぱり、二週目の来場者特典でした。

公式HPより〜
>いよいよ8月19日(土)より公開となります映画「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」では、
この度、公開を記念して、公開から5週連続での、豪華入場者プレゼントの配布が決定いたしました!
内容は初解禁のカットを多数使用した各チームのミニキャラクターブック(A6サイズ)。
数量限定にて劇場への来場者にプレゼント致します。

ラッキーでした。
[PR]
by pink_alien98 | 2017-08-27 08:51 | 映画/ドラマ | Comments(0)
忍びの国 2017年7月2日(withちびうさ)
ネタばらしありますので、ご注意を!  




f0008449_23492939.jpg
制作年:2017年
制作国:日本
配給:東宝
上映時間:125分

監督:中村義洋
原作:和田竜

177.png キャスト
大野智、石原さとみ、鈴木亮平、知念侑李、マキタスポーツ、平祐奈、満島真之介、
でんでん、きたろう、立川談春、國村隼、伊勢谷友介

「のぼうの城」「村上海賊の娘」の和田竜さんが、戦国時代の天正伊賀の乱を題材の小説を映画化。
監督は、「予告犯」「殿、利息でござる!」の中村義弘監督。
人にして人にあらずの伊賀衆。
天下統一のために、次々と諸国を攻めその手中に収めて来た織田軍が唯一攻め入る事を躊躇っていた伊賀の国。
だが、十二家評定衆の一人下山甲斐の嫡男下山平兵衛が、父の企みで命を失う事になった弟への思いから、織田の次男信雄に寝返り、伊賀へ攻め入る手引きをしてしまう。
その伊賀一の忍者、大野智演じる無門の織田に勝つ秘策とは・・・

大野くん演じる無門。
日常は、怠け者で妻のお国の尻に敷かれる日々。
だが、ひとたび忍者としてのスイッチが入れば、どんな堅牢な門でさえ開かぬ事はない敏腕の持ち主。
他国より幼い頃に伊賀に買われ己の本名さえ知らぬ無門。
命を奪う事に躊躇は無し!
雇い主の百地三太夫の命に報酬を貰い、従うのみ・・・
そんな無門だったのだが・・・

大野くんの演技をあまり見た事がなかったので、いやぁ〜、参りました。
お上手で・・・はまり役!
うさが大好きな女優さんの一人、石原さとみちゃんのキャラもとても良い感じなのですよ。
満島真之介君は、前半部分で命を失ってしまうのですが、戦好きなギラギラした感じ、よく出ていたと思います。
お若い知念君、ベテラン俳優さん達に囲まれてどうかなぁ〜と思っていましたが、頑張ってましたね。
そして、3月のライオンでどうしようもない父親を演じていた伊勢谷さんも、また全然異なるイメージで、いやいや、俳優さんって、演じるって凄いなぁ〜と。

お話のエンディングは・・・
切なくて、切なくて・・・

でも、観て良かった!
とても深く入り込める作品でした。

出来れば、もう一度観たいな・・・

感想に関しては、おいおい、何様だよって思われる方もいらっしゃると思いますが、うさのただ感じたままですので、どうぞ悪しからず。









[PR]
by pink_alien98 | 2017-07-02 23:49 | 映画/ドラマ | Comments(0)
昼顔 2017年6月29日 一人鑑賞!
ネタバレありますので、ご注意をお願い致します!




f0008449_23485948.jpg

うさは、このドラマを全編通して見ていたわけではありません。
ですが、その後の二人・・・ちょっと気になってしまい、一人鑑賞して参りました。
このうさが一人鑑賞!
本当にそれが可能になった事は、ひとえにビョンホンシによる何ものでもないなぁ〜と、またまた実感した次第であります。

で・・・
う〜ん・・・・・

ドラマを見ていない人でも見られるようにはなっていました。
ですが、とにかく、前編を通して、トーンが暗いっ!!!
本当に暗いんです。

人を好きになってしまう事。
それが、たとえ、不倫と呼ばれてしまうものでも・・・
止められない思い・・・

不倫・・・
どうなんでしょう・・・

好きになってしまう、愛する人がいたはずなのに、いつしか心が変わりゆく・・・

それは、身体の繋がりがあってもなくても同じ事だと思います。
一生を共にすると神様に誓った伴侶がいる状況で、誰かに心奪われてしまうわけですから・・・

そう言うならば、うさも・・・以前は、はははでしたね(爆)!
ビョンホンシの全てを追いかけていた日々(苦笑)。

あっ、話が逸れました!

上戸彩ちゃん演じる沙和が前夫との間に子供に恵まれず、ペットのハムスターのママ、パパと呼び合う夫婦生活。
夫からママと呼ばれることに漠然と感じていたであろう索漠とした思い。
北野先生と偶然出会い、恋してしまった。
それは、偶然?必然?
踏み込んでは行けなかった領域に踏み込み、たくさんの人々を傷付け、たくさんのものを失い、自らも傷だらけになった。
海辺の街でひっそりと暮らす生気の無い時間。

神様はいたずらにも再び愛し合う二人に出会いを与えてしまう。
蛍が結んだ二人だけの時間、それさえもうさには笑えなくて・・・
どんより・・・

北野の妻乃里子の北野への思い、それは、愛?
それとも執着だったのだろうか?
二人が出会って愛し合い過ごしたたくさんの時間は、嘘ではなかったはず。

やっと離婚に応じると言う乃里子からの一つの条件、それは、これからも仕事関係で会った時に北野を名前の雄一郎と呼んでいいかと言う事。
だが、紗和は認められなかった。

もしも、認めていたら、あんな結末には至らなかったのでは・・・

上戸彩ちゃん、紗和にのめり込み過ぎたのかなぁ〜?
スクリーンの中の上戸彩ちゃんは、折れそうに細くて・・・

友人は、エンディングの眼鏡君にちょっとは救われた思いがしたようですが・・・

うさは、朝一でど〜んより暗〜くなって帰宅となり、暫し気持ちの入れ替えが出来なかったのです。


やっぱり、映画は、ハッピーエンドに限ります!
もちろん、どんな作品も、監督、キャスト、スタッフ一丸となって全力で作られるものですから、それが良いとか悪いとかではなくて・・・
ただ好きか嫌いか・・・好みの問題であってうさはハッピーエンドが好きなのです。





[PR]
by pink_alien98 | 2017-07-02 23:48 | 映画/ドラマ | Comments(0)
9連休中のちびうさの振り回しは、続くのであった(爆)!
またまた、ちびうさからチケが・・・笑 !

本人は、舞台挨拶で二回鑑賞済みで、何か特典GETのために購入したチケで、観て来てぇ〜と。
その間、無限の住人を観てるからと・・・

ReLIFE (2017年5月4日鑑賞)
2度目の17歳。
想定外のキミとの出会いが、俺の運命を変えていく。
1年後オトナに戻るとき、俺の人生はきっと変わる。
27歳 無職 独身 後悔
17歳 学生 青春 希望
リライフ、それは人生をやり直す、実験。
君たちがいる、もうひとつの人生が、好きになった。
リーフレットより抜粋、引用させて頂きました。

いろいろな事があって、思い描いていた日々とは掛け離れた日々を送る主人公。
千葉雄大演じるリライフ研究所職員、夜明了が現れ、中川大志演じる海崎新太に一年間だけもう一度17歳に戻って、人生をやり直して見ないかと持ちかける。
胸のポケットに押し込まれた怪しいカプセル・・・
目覚めたら、いつの間にかカプセルを飲んでしまっていたらしく、17歳の自分に驚く海崎。
学校、住居、生活出来る全てを揃えて貰い、二度目の高校生活が始まった・・・
夜明了の監視の元、そこで知り合うことになったクラスメイトと過ごす日々で・・・

今を一生懸命 !!!

お隣の席のお若いお嬢さん、始まって結構早い段階で涙されておりました。
珍しく、泣かなかったうさですが、心打たれなかったわけではありません。

ちびうさには、またコミックかぁ〜、とりあえず観て来るわと。
ですが、思っていたよりも良い作品でした。
この前の3月のライオンと言い、コミックをなめてはいけませんねっ !

頑張る事の大切さが胸に !

もしも、うさも17歳に戻って、人生やり直し出来たなら・・・
う〜ん・・・でも、いいやっ !  
今のうさがうさだから・・・。

でも、これからは、もっともっと大切に過ごそうと思います !


主役の中川君って若いんですね。
びっくり !
でも、社会人役を演じている方が、お似合いでした。
老け顔 ? 失礼 !
角度に寄って、福士蒼汰君に似ていると感じました。

海崎新太が好きになる日代千鶴役の平祐奈さんって、平愛梨さんの妹さん、そして、4月頭に観た暗黒女子にも出演していた方でした。
どこかで見たぁ〜って・・・
途中で気付きましたが、雰囲気全然違ってました。

最近、続々と新人さんが、お名前も ? な事が多くて、これが歳かなぁ〜って(苦笑)。

この連休中に、観たい作品、まだまだ、何本観られるかなぁ〜?

f0008449_13571122.jpg

f0008449_13571205.jpg





終演後、待ち合わせして、鶏専門店で夕飯。
GW特別コースを。
鶏の南蛮漬けの画像撮り忘れましたが・・・
美味しく頂きました。
f0008449_13571245.jpg


f0008449_13571309.jpg

f0008449_13571384.jpg

f0008449_13571440.jpg

f0008449_13571469.jpg

f0008449_13571571.jpg


[PR]
by pink_alien98 | 2017-05-05 13:55 | 映画/ドラマ | Comments(0)
3月のライオン前編・後編 2017年4月23日(with ちびうさ)
⭐️思いのままに書き綴りましたが、この感動を上手には伝えられないみたいです !!!

⭐️書き残しがあって、追記致しました。

⭐️追記:零の子役を演じた男の子、調べてみました。

2017年4月10日にNちゃんと前編を観てから、後編が待ち遠しくて・・・

ちびうさが前編を見られなかったので、後編が始まって一気に前後編を観る事にしました。

前編、一度目よりもより深くお話に入り込んでしまいました。

とにかく、一言で言うなら・・・感動 !

人間が持ち合わせている様々な感情全てが、そこかしこに散りばめられている作品。

神木君の演技・・・本当にすごいんです。
感情を深く深く押さえ込んで、それが見ていて切な過ぎて泣けないほど・・・
そして、我慢し切れずに、叫びに変わるシーン・・・胸が軋む。

3年生のまだ幼い子が、生きるためについた嘘。

その嘘をつき続け、将棋の世界で生きる。

家族と呼べる人はいない・・・そう思っていたの ?
誰からも愛されていない・・・そう思っていたの ?

けれども、一緒に過ごした時が、確実にそれぞれを無視出来ない存在にしていったんじゃないのかな・・・

本当にいろいろな表現があるんだなぁと・・・

誰かを思う気持ち、その思いを伝える言葉や態度、それは、人の数だけ・・・きっとあるのだろう。

優しい言葉だけが、本当に優しいわけじゃなくて・・・

零には、きちんと見守ってくれるお義父さんがいた。
励まし合い、競い合う仲間がいた。
味方でいてくれる教師がいた。
暖かく強くたくましく生きながら、零に手を差し伸べてくれる三姉妹がいた。

監督は、とても丁寧にひとつひとつ描いてゆく。

映像もとても美しく、癒される。

とにかく、この作品に出会えて良かった・・・

最近は、コミックがヒットして映画化される作品が多過ぎて、コミックは読んでいないけれど、これほど心に響くとは・・・
思っていなかったと言うのが、本音。

でも、想定外の嬉しい出会いになった。

何回でも見たくなってしまいそう・・・

f0008449_21210149.jpg

f0008449_21210179.jpg

f0008449_21210284.jpg

f0008449_21210244.jpg



来場特典ですかね。
前編では何も頂かなかったのですが・・・
コミック画像の零があまりにも神木君演じる零にそっくりで、びっくり !
f0008449_21210308.jpg



⭐️うさは、将棋をほぼ知らない為、きっと対局の場面場面で緊張の瞬間があるのでしょうが、手がわからないので、 残念だったかもしれません。
ですが、将棋を全く知らなくても、俳優さん達の表情や仕草で十分楽しめました。
   
それから、零の子供時代を演じていた子役さん、彼については何もわからないのですが、いやぁ〜、脱帽 !
きっと神木君の様な素敵な俳優さんになるのでは・・・
とてもリアルに演じられていたと思います。
現場では大人になった零と一緒になる事はなかったのかもしれませんが、きっと、神木君は、昔の自分に重ねてエールを送っていたのではないかと、勝手な想像してしまいました。

見終わって劇場を後にしてからも、またじんわりと涙してしまう素敵な作品 !
それぞれの笑顔が沁みました。
とてもしあわせな気分、素直になれた作品、最近では、久々かも。

⭐️大西利空君のプロフィール

生年月日:2006年5月16日(10歳)
出身地:東京都
身長:141cm
特技:野球
趣味:卓球
小学校:不明
事務所:テアトルアカデミー
出演作:金メダル男、悪党たちは千里を走る、ディア・シスター、相棒Season10、空飛ぶ広報室、
ほんとにあった怖い話、花王「ビオレu、キッコーマン「うちのごはん、トヨタ自動車「VOXY」』 など。

たくさんたくさん出演していたのですね。
気付かなかったわ !

まだ演じるようになって5年だそうですが、本当にたくさんの作品に出演していて、さすが上手なはずだと・・・

子役だった神木君が素敵な素敵な俳優さんになった様に、利空君も大人になったら、素敵な俳優さんしてるかなぁ〜 ?
[PR]
by pink_alien98 | 2017-04-23 21:18 | 映画/ドラマ | Comments(0)
暗黒女子 2017年4月1日(with ちびうさ)
ちびうさのお供で・・・
舞台挨拶、ち〜ば君、相変わらずの可愛さに秘めたクール感満載(笑)。

あなたの予測をすべてブチ壊す驚愕のラスト24分 !
学園一の美少女を殺したのは誰 ?
イヤミスの傑作 ! 「全員悪女✖️ダマし合い」
”裏切り”エンターテインメント
暗黒女子とはー外はキラキラと美しく、中は真っ黒な<女の子>
仕掛けられた壮大な<罠><嘘><ダマし合い>ーすべてが逆転する圧巻の<結末>
学園のカリスマ”白石いつみ”の謎の死ー「この中の誰かが彼女を殺した。」
イヤミス界の新時代を切りひらく、”裏切り”エンターテインメント !

わたし以外、幸せになるのは、許さない。

イヤミス・・・読んでイヤな気持ちになる最悪の結末だが、後味が悪いほど”クセ”になってしまう魅惑のミステリー
以上、リーフレットより抜粋、引用させて頂きましたが・・・

ふ〜ん・・・
イヤミスねぇ〜初めて知りました。

うさは、いつも映画を見る時には、監督からのメッセージって何だろう ?
鑑賞後も伝えたい思いって何だったのだろうって・・・

それが、今作は、何が伝えたかったのだろうって・・・
舞台挨拶では、女子高生の光と影と言うお話でしたが・・・

残念ながら、心の琴線に触れるものがわからなくて・・・

やっぱり、イヤな気持ちになる後味の悪さは、勘弁かなと・・・
ハッピーエンドが好きです。

それから、6人の女子高生の女優さんですが、女子高生役は、若干無理かと思われる方も・・・

また、主役の白石いつみ役の飯豊まりえさんですが、昨年鑑賞したMARS〜ただ、君を愛してる〜のキラ役とはちびうさに言われるまで全くわからなかったくらい印象が違って、驚きでした。

それはそれは、信じ難いほど・・・

女優さんって事ですよね。
化けているのだから・・・

ち〜ば君も今までになかった大人の見せ場があるとの事でしたが、それも・・・
ほぉ〜これがそうなの ? ふ〜んって・・・

また次回に期待 ?
いえ、うさは、そちら系にあまり興味がありませぬゆえ、まぁ、いっかで(苦笑)。

ちびうさも・・・ふ〜んって感じだったようです。

f0008449_00151119.jpg


[PR]
by pink_alien98 | 2017-04-12 00:14 | 映画/ドラマ | Comments(0)
3月のライオン 2017年4月10日 (with Nちゃん)
f0008449_00161753.jpg



[PR]
by pink_alien98 | 2017-04-10 21:24 | 映画/ドラマ | Comments(0)
SCOOP !
ゆっくりとした時間がちょっと持て無くて・・・
感想はまた日を改めまして・・・

f0008449_14030763.jpg


[PR]
by pink_alien98 | 2016-10-21 14:02 | 映画/ドラマ | Comments(0)
映画・ミュージカル鑑賞 忘備録
7月と8月に鑑賞、バタバタしてUP出来なかったまま・・・
記憶に留めて置きたいので、感想などボチボチ綴れたらと思います。

⭐️ボチボチ追記して参ります。

娘のリクで見にゆきましたが・・・
冒頭のグループ紹介で萎えてしまい(苦笑)。
何が何だか ? ? ?のまま・・・
印象としては、数年前のクローズZERO
と似ているなぁ〜。

ただ、凄いと感心する事しきりだったのは、美術スタッフさんの力 !
よくぞここまで作り上げたものだと・・・

そして、アクションの凄さ・・・
まぁ、そんなにボコボコで無事でいられるわけないっしょ !って言うのが本音ですが・・・

それから、BIGBANGのスンリ君、なかなかの演技でしたが・・・
でも、最後の最後・・・韓国語だったらより良かったのにと残念に感じました。

f0008449_10330072.jpg

(2016年7月17日)

ちょっと嵌っています(笑)。
窪田正孝君、マジでカッコイイ。
暴力反対のうさです !
ですが・・・窪田君のアクションの凄さには、見惚れてしまいます。




f0008449_10330106.jpg

(2016年7月18日)


f0008449_10330253.jpg

(2016年8月6日)


f0008449_10330382.jpg



(2016年7月21日)
[PR]
by pink_alien98 | 2016-09-27 15:38 | 映画/ドラマ | Comments(0)
君の名は。your name. 2016年9月14日(withちびうさ)
娘のリクで・・・18:05〜の回。
結構いっぱいで、お若い方が大半でした。

アニメですが、本当に映像が綺麗で・・・
神木君の優しい声に癒されました。

内容は、時空を飛び越え行き来したり、主人公が入れ替わったりすると言う設定なので、ちょっとうさ的には、分かり難い箇所もありました。

ですが、エンディングロールで流れる、今作に携わったスタッフの方の多さに、何だか、とても感動してしまったのです。

作品よりもそちらかい・・・いえいえ、そうではありませんが、今作を世に出すために関わられた方がこれほどなんだと、改めて物造りの大変さと言うか、チームワークに寄って成立する事に、感動してしまったのです。


今作の

人と人との結びつきの不思議さや、物にも宿る魂と言うか・・・

一期一会を大切に・・・

そして、その出会いが確かな絆で繋がれたなら、素敵な事だと。

うさの大好きなはっぴぃえんどで良かった・・・

f0008449_00331399.jpg

f0008449_00331464.jpg


[PR]
by pink_alien98 | 2016-09-15 11:36 | 映画/ドラマ | Comments(2)