LUNAママのぷれしゃす
usaluna.exblog.jp

連れ連れなるままに大切な人や物、出来事について
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
>2017-02-18 ..
by pink_alien98 at 12:57
>2016-12-12 ..
by pink_alien98 at 20:22
>2016-11-29 ..
by pink_alien98 at 22:14
>tamakiちゃん、わ..
by pink_alien98 at 21:55
うさるなさま お久しぶ..
by tamaki at 20:38
> 2016-11-13..
by pink_alien98 at 10:03
 >2016-11-05..
by pink_alien98 at 10:50
 >2016-09-24..
by pink_alien98 at 07:59
>2016ー09ー15 ..
by pink_alien98 at 05:18
>2007-04-23 ..
by pink_alien98 at 07:02
>2016-06-30 ..
by pink_alien98 at 22:59
>2016-06-11 ..
by pink_alien98 at 10:48
>林檎さん、おはようござ..
by pink_alien98 at 10:24
こんにちは、おひさしぶり..
by 39-unepomme at 21:31
>2016-05-29 ..
by pink_alien98 at 23:23
リンク
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル ファンクラブ


BH Entertainment

セピア写真館・木霊分室

わくわく!バンジージャンプするっ!

Myさらんビョンホンoppa

ボケのひとりごと LBH三昧

韓流HiT!

韓流ショップ


☆お願い。
どんな事でも構いません。
誹謗中傷以外なら、足跡残して行って下さいましな。

☆もしもこのブログをリンクされる時には、先に私にご連絡下さいませ。

☆ここで記載させて頂いている画像・引用文の権利は、著作権元に帰属します。 あくまで、わたくしの趣味の範囲でのこととご承知置き下さいませ。

☆ 素材やさん Lip Stick

素材やさん   NOION

素材やさん あんずいろapricot×color


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
何かありましたら、こちらの方へ連絡下さいませ。
precious0712@hotmail.co.jp

 
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
万能調理器具レミ・ヒラノ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
単身 引越し準備リスト
from 単身 引越し準備リスト
収納のマル秘テクニック
from 収納のマル秘テクニック
引越し 日取り 吉日
from 引越し 日取り 吉日
アウトラスト お昼寝マッ..
from エコの時代! 節電・節約・エ..
女優やトップモデルに大人..
from トリーバーチ(TORY BU..
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2012年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee! 可愛い焼きもち?~ 番外編2 
ちょっとした思いつき・・・

いつもの自分の稚拙な焼きもちをJにも感じて欲しくて・・・

彼女を傷付けるだなんて微塵も思いもせずに・・・


冗談だよって・・・軽口叩けると思っていた。



一夜、君のいないベッドで君を思いながら、なかなか寝付けない自分に苦笑。
それでもいつの間にか眠っていたようだ。

締め忘れたカーテンから差し込む明るい日差しに目を細めながら、君を思う。


きっと、一日で根を上げて、意味のない焼きもちだったとはにかみながら、そっと抱き着いて来るに決まっているなんて・・・
頬が緩む想像。

寝つきが悪かったせいか、若干の怠さはあるものの変わらないいつもの一日の始まりだと思っていた。


まさか・・・
これほどの大きな騒ぎになっていたとは・・・

屋敷の前に陣取った報道陣の多さ、それは、社の前も同じこと。

レイの機転で煩わされることなくデスクには着く事が出来たが、心のどこかでマズイなと・・・


とにかく、まずは、彼と彼の家族への詫びを再度入れなくてはならない。

何も憂うことはないだろう、何故なら彼もあの場にいたのだから・・・
ただ、家族を巻き込んでのスキャンダルは、申し訳ない。

昨日の時点でお互いに苦笑せずにはいられないなと話したのだが、仕事を依頼したのは、ユリウス側。
やはり、謝罪はきちんとせねばなるまい。

彼の自宅周辺及び社も同じようなことになっているらしい。


はぁ・・・これは、記者会見の必要があるな。

全ての段取りはレイに任せ、今日のスケジュールをこなすことで、気付けば終業時間などとっくに過ぎていた。
結局、Jへの連絡は取らず仕舞い。

だが、今朝と同じように憂いなど微塵もなかった・・・?
否・・・実は、依然として心を閉じたままのJの意識が、心に一滴の墨を落したように不安をジワジワと広げていた。

J・・・J・・・
問いかけてみるが、何も感じられなかった。


ただ、屋敷に帰ればあの屈託のない優しい微笑が迎えてくれると信じて・・・

レイの運転する車で、やはり一晩十分ではなかった睡眠時間の不足を補うように浅い眠りに付いてしまったようだ。

Lee様、着きましたよと言うレイの低い声で目覚めた。

Jは?

レイは、黙ったまま首を横に振る。

落胆の色を隠せない自分が情けなかった・・・


やはり、レイの前だけ弱味を隠せない、否、隠さなくともよい唯一の存在だと改めて知る。


レイ・・・

Lee様・・・



スヨナは何て?

それが・・・彼女とも連絡が取れません、何度かトライはしてみたのですが・・・
どうも会長が関わっているように思われます。

だとしたら、思いのほかやっかいなことになりそうだった。

嫌な予感。


あの穏やかなチェ会長を僕は、怒らせてしまったのだろうか?
それとも悲しませてしまったのだろうか?

とにかく、一刻も早く誤解を解かねばなるまい。


だが、Jに会わせて貰えるのだろうか・・・


大きな屋敷の前、その頑丈な扉は開くことなく、インターホンから告げられた言葉は、「今日は、お引き取り下さい。」と言う、物静かだがそのうちに秘められた拒否の思いは思いもしなかった強いもので・・・

レイと事を荒立てずに引き返すことしか出来ない不甲斐ない自分がいた。


J・・・J・・・

精一杯の思いを込めて呼びかけてみたが、はやり反応はなかった。


途方に暮れる・・・否、そんな時間などそれこそ意味のないもの。
こんなくだらないことで大切な人を失うなんて有り得ない!


ただ、今は、敢えて押さずに身を引こう。

僕のくだらない悪戯心が招いたことだ。


レイと静かに踵を返した途端・・・


微かなJの気を感じる。


気付かない振りをして歩き出す。

今度は、しっかりと感じた。


確かに、Jが僕を呼んでいる。


呼びかけに応じることなく、一気にJの気のする場所へと瞬間移動。



涙でぐちゃぐちゃになった君を抱きしめる。

きつくきつく・・・

君が痛いって言っても止めない。


ごめん・・・
J・・・ごめんよ。

何もないから・・・
僕が君だけの僕だって知ってるよね!?


僕の腕の中で嫌々するように首を振る君。


知らないって言うの?


抱きしめる腕を緩め、君の顔を覗き込む。


真っ赤に泣きはらした瞳で上目使い・・・可愛い僕だけのJ・・・


もう一度強く抱き寄せ、耳元で囁くのは・・・


アイシテル・・・

この星で君だけ・・・アイシテル・・・


Jの焼きもち、いつか聞かせて欲しい。


でも、今は、ただ、抱きしめていたい。


たった一夜だけの別々の夜が、僕をこんなにも君を愛しているって知る夜になっただなんて・・・


始まりは、君への悪戯心からだったのに・・・



君への愛を再確認するための悪戯になった。


パボな僕・・・



でも・・・
君が好き・・・


ただ君が好き・・・


J・・・僕のお姫様。

変わらない僕だけの君でいて・・・




                      To be continued.




☆甘~い仲直り期待されていた方も?(笑)。
ふふ・・・この後はご想像にお任せ致します。

ふと思いついた番外編。
現状、シリアスな本編も出来るだけ早いうちに・・・

しかし、自分で書いたものを読み返さねば?な所があるって(苦笑、爆!)
それほど放置しているってこと?
そして、読み返していたらコメントも当時はたくさん頂いていて、リクエストなんかもあったりして、ご要望に添うように考えたり、参考にさせて頂いたりしていたなぁ~って、懐かしく思いました。

しかし途中まで行間を全く開けずに書いていたので、読みにくいったらありゃしないし・・・(苦笑)。
少しは、マシになったかしら?

お時間ございましたら、ご感想を下さいまし・・・嬉!
楽しみにしておりま~す。

よくお他所の好きなお話を何度も読みに行って更新されていないとがっかりするうさですが、ここでもそんな風に思って下さる方がいるのかなぁ~なんて・・・
ちょっと鼻に尽く発言(苦笑)かもしれませんが、お待たせしていたとしたら、ミアナムニダ。

時間に余裕があるなしではなくて、心の問題なので、お話の神様から降って来次第(笑)、また書きたいと思う次第でありまする。


ではでは、素敵な日曜日をお過ごし下さいませ。

☆今から、家事に戻りますので、お返事は今暫くお待ち下さいませ。
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-29 06:50 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(4)
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee! 可愛い焼きもち?~ 番外編1 
ユリウス CEO Mr.Lee 深夜の密会かっ!?
不倫!?熱愛のお相手は!?



デカデカとタブロイド紙の一面を飾るとんでもない記事。

社内は、対処に追われ通常の業務に支障を来たすほど・・・


何があろうとJ様に関係のないことでなら、恐ろしいほどの冷静さを持ち合わせているLee様が、あたふたとしている姿など・・・
めったに見ることなど叶わないのだが・・・

それが・・・

レイっ!レイっ!
オフィス中に響き渡る勢いで僕を呼ぶ声が聞こえる。

Lee様、落ち着かれて下さいませ。
とにかく、今は、記事の出所の究明中でして、詳しいことはまだ不明です。
いつものLee様に戻って頂かないと社員への影響もありますので。

あぁ・・・わかった。
僕の今日の予定は?

いや、いい、とにかく一度屋敷へ帰る!
Jに会って記事を目にする前に話さなくては。

スケジュールの調整を頼む。


あの・・・Lee様・・・
それがですね、もう・・・

何だっ!

J姫様は・・・
スヨナからの連絡によりますと、大学で既に質問攻めに遭われたそうで・・・

・・・っ!

それで、Jはっ!?


それが・・・まことに言いにくいのですが・・・


あぁ、っく!焦らすなっ!


J姫様は、スヨナを連れてお帰りなられたそうです。


そうか・・・
ならば、とにかく僕も屋敷へ・・・


Lee様・・・お帰りになられたのは、お屋敷ではなく、ご実家の方へ・・・

何だとっ!
あの頑固じいさんのところへかっ!パボです!自分の書いたものなのに、ちょっといろいろ人間関係の確認で読み返していたら、、J姫のおじい様は頑固じいさんどころか、好々爺!この辺りマジで飛ばして下さいませ!ここを訂正するのも・・・なので2の方で!こんなパボもうさらしいと思ってスルーよろしくです。)

Lee様っ!!!
お言葉が・・・

あぁ・・・すまない・・・。


だが、どうして?
どうしてだっ!?

何故、僕の所へ帰って来ない・・・

僕を信じられなかったってことか・・・?


いえ、Lee様、そうではございません。
あまりにも突然の事で姫様の動揺が酷く、スヨナが勝手に連れて行ったようです。


そうか・・・
ならば、スヨナに屋敷へ連れ帰るように伝えてくれ。


僕も帰る!

わかりました。
今日のスケジュールも調整はお任せ下さいませ。

ただ、カイン伯爵さまからもすぐにお屋敷の方へと・・・
かなりお怒りの御様子でしたので、わたくしがご一緒した方がよろしいかと。


はぁ・・・そっちもか・・・
わかった。


スケジュールの調整が出来次第、おじい様のところへゆこう。



レイの運転する車で久しぶりにおじい様の屋敷へと向かう。

その道中もJへ連絡を試みるが、繋がることはなかった。
意識を飛ばしても見るが、Jの心までは捕えることは出来なかった。

微かに感じられるのは、かたくなに心を閉じたJの意識だけだった。


レイ・・・
実は・・・


Lee様、存じ上げております。


っ!
レイ、おまえって奴は・・・
叶わないな・・・



嫌な奴だけど・・・苦笑。
仕事は出来る。

依頼があったんだ、新商品のコンセプトが家族愛で・・・
だから、彼の家族に出演して貰うことにした。

なかなかO.Kを貰えなかったが、顔が映らないのならと承諾を貰えた。

あの写真を撮られたのは、きっとそのミーティングをホテルのラウンジでしていた時だろう。

2人じゃなかったのに・・・
まるで2人しかいなような・・・


今までJに焼きもちを焼かれたことがあっただろうか?
いつも僕ばかりが、胸の軋む思いをして、愚かな嫉妬に狂い・・・


なぁ、レイ・・・
どう思う?


何がです。

いや・・・このまま焼きもち焼かせて置こうか?

だんだん冷静になって来たLeeは、日頃、自分ばかりがヤキモキさせられていることに、悪戯心が芽生え・・・


Lee様・・・それはどうかと思われますが・・・


ははは・・・決めたっ!
よし、取りあえずおじい様の誤解はきちんと解いて置こう。


朝の慌てようから一転、まるで極上の悪戯を思いついた子供のようにご機嫌なLeeだった・・・


Lee様・・・わたくしは、責任をもちかねます。
よろしいですね。


ははは・・・何だよ。
レイらしくないな。

まぁ、いいさ、僕が僕の責任で、おまえに泣きつく事なんてないから、安心していろ。


そんなのんきなLeeだったのだが・・・




                            To be continued.



☆本編はとんでもないことになっておりますが、こちら能天気にも、たまにはJ姫にも可愛い焼きもちを焼いて貰おうかなと・・・
番外編なので、一話完結にと思ったのですが、ちょっと時間が・・・

取りあえず、夜遅くまで時間が開きそうにありませんので、また、改めてと言うことで、お時間ございましたら、またのお付き合いのほどよろしくお願い致します。


ではでは、暑い、暑いと言っては余計に暑くなるのでしょうが・・・
朝から、29度の室内では・・・はぁ・・・
冷房のお世話にならざるを得ません(涙)。

気合入れなくちゃ、頑張れそうにないので(苦笑)。

ではでは、日焼け止め塗ってお出かけして来ま~す。



素敵な週末をお過ごし下さいませ。
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-28 08:46 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(2)
えっ!?マジで!?
昨日のアクセス、記事別の結果・・・


1:光に満ちて・・・5(9)
2:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~175~
3:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~163
4:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~153~
5:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~146~
6:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~132
7:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~聖夜~
8:光に満ちて・・・5(13)
9:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~161~
10:ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~151~

もう、びっくりです。
ベスト10全てがうさの拙いお話だったなんて・・・

おぉ!って感じ・・・

読んで下さっているのですね。
本当に嬉しく・・・感謝致します。

ありがとうございます・・・

続き、書かなくちゃぁ~(笑)。

お話の神様が空から降って来そうです(笑)。

ふふ・・・
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-26 12:38 | 独り言・・・ | Comments(5)
あのレッドオーシャンの中にいたんだなぁ~
○o。・.。**;;*!(*´∀`*)こんにちは*;;*.。*。o○


7月25日発売
東方神起LIVE TOUR2012 ~TONE~

24日にBigeast版DVD
25日にBlu-ray(購入特典ミニポスター付き)とCDが届きました。

CDは、ファンミ会場にてお友達が応援してくれて、お蔭様でシングル&LIVEDVDの同時予約が出来て、大判ステッカーシートもGET出来ました。
感謝・・・


まだすべてをきちんとは見られていないのですが・・・

とっても不思議な感じ!

いつも自分が参戦したいろいろなLIVEのDVDは、発売されたら購入して来たのですが、改めて、あの真っ赤な海の中の一つが自分なんだぁ~って・・・

記念の意味と全て目にすることが出来なかったことを確認したい気持ちで・・・


LIVE会場のあのAdrenaline rush(笑)は、DVDじゃちょっと味わえないけれど、それでも、見過ごしていたり、見えなかった部分をはっきり目にする事が出来るって、本当にいいものですね。

我が家のTVは、それほど大きくはありませんが、それでも幸せな気分に浸りながら・・・

現実だったことが、遥か昔のように感じつつも、自分があの時あの場所にいた事は事実だったんだなぁ~と感慨に浸り・・・

あの広い広いステージでダンサーさんのヘルプはあれど、二人だけで見事に魅せてくれたこと・・・


一瞬でホワイトオーシャンに変わったサプライズ・・・

泣かないユノ君の涙・・・

長い時間90度に下げたままの頭・・・

2人にとって、特別な意味のあるドーム公演・・・


素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

そして、彼らは、進化し続けてている・・・


共有出来た素敵な時間から勇気を貰いました。
そして、次のLIVEへの期待でいっぱいにさせてくれた・・・

単独LIVEは、またいつか・・・

今夏、SMTOWNとエイネで、またどんな姿で魅せてくれるのでしょう!?


f0008449_11324591.jpg



2012年1月19日 横浜アリーナ
      3月17、18、20日 さいたまスーパーアリーナ
      4月14、15、16日 東京ドーム
7回、そのどれもにそれぞれのキラキラfがあった・・・

次回のツアー・・・誰と何度参戦出来るかなぁ~って・・・笑。



しかし・・・暑いですね。
朝から、窓全開で頑張って来ましたが、我が家木造で二世帯住宅の二階部分ゆえ、室内温度33度!
えーーっ、さすがに空がヘロヘロ、今28度でリモコンONに!

お洗濯ものは、気持ちよく乾きそうですが、外に出る勇気(笑)がありません。
でも、冷蔵庫が空っぽに近くて・・・
スーパーは、夕方にしようかなぁ~(笑)。

それまでおうちの中で頑張りますっ!
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-26 11:15 | LIVE ! | Comments(2)
王様・・・
。・:*:・゚★,。・:*:・゚おはようございます´∀`・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

いやん・・・

バリバリ好みのお顔で・・・

광해, 하선 1인 2역의 이병헌 배우님 블로그 오픈 축하 영상

ほとんど白紙状態で観ることになりそうです。
いつもネタバレでも全然O.Kで彼の作品に向かううさですが、ほぼ真っ白って言うのもなかなかよいなぁ~と・・・

ドキドキ感が違うかもぉ~(笑)。

まぁ、ネタバレしていたって、いままでもドキドキ、ワクワクで劇場へ通ったものですが・・・

劇場で逢いましょう!!!

きっとあっという間に公開の日が来ちゃうよね・・・?



さぁ・・・
今日も頑張なくちゃ・・・ね。
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-23 08:22 | 韓国映画 | Comments(4)
あなたにそっと教える 夢をかなえる公式
あなたにそっと教える 夢をかなえる公式

2009年8月1日:初版印刷
2009年8月10日:初版発行

著者:イ・ソジン
訳者:吉川南
発行所:株式会社サンマーク出版

イ・ソジンさん、韓国を代表する作家。
ドリームヘルパー。

。・:*:・゚★,。・:*:・゚おはようございます´∀`・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

先日、ちょっとこんな本がありますよぉ~ってご紹介致しましたが、やっと読めましたので・・・

世界に実在する成功を収めた人々の実行した公式。
それは、R=VD

生き生きと「Vivid」 
夢見れば「Dream」
かなう「Realization」


世の中には、一生腰が曲がるほど働いても自分の家一軒買えない人がいるいっぽうで、遊びほうけているのに、莫大な財産を築き、名声を手に入れている人もいる。
必ずしも、努力が成功の秘訣ではないのだ。
では、何が成功を呼び寄せるのだろうか?
(本書帯より引用)


まぁ、成功を収めた人が、遊び呆けていたとは、思わないし・・・
もちろん、それなりの努力を怠ったとも思えない。

でも、何かが足りなかったのだとしたら・・・
その何かが・・・この公式だったら・・・?

一番大切なことは・・・
心が未来に向かってこそ、創造的な考え方が浮かび、人生が画期的に変わる・・・
ただこころで生き生きと夢見るだけで、自分の能力を高めることが出来るのだとしたら・・・
実行してみる価値はあるかも・・・

偉人たちに共通しているのは、まるで子どものように不可能な夢を見て、その夢を必ず成し遂げると全力で信じた点。

R=VDは、私たちが子どもの頃に本能的に使っていたもの。
「愛」や「感謝」のように、神様が人類に与えた贈り物。

失敗する人は・・・自分の失敗を環境のせいにして、世の中を恨む。失敗の決定的な原因が自分自身であることを知らない。

ナポレオン、アインシュタイン、オナシス、スピルバーグ、ディズニーetc.
ふ~ん、そんなことがあったの?って、結構読み物としても重たくなくて楽しめる作品ではないかと思います。

何度も同じ事が繰り返されている部分も多いのですが、だからこそ、刷り込まれると言うか・・・
ちょっと真面目に夢を追いかけてみようかなとも思わせてくれる。

第22章
本を閉じようとしているあなたへ

今度はあなたの番だ!
(本書より抜粋、引用させて頂きました)。

ふふ・・・そうね、昨日も自分って何?って考える機会もあったことだし、何がしたいのか?
夢・・・真面目にこの先の自分を描いてみようかな・・・

おうちの中を片付けながら、自分を見つめ直すもいいいことだぁ~!

そ、前にも書いたことがあると思うのですが、潜在意識の中にあることに、思っても見ないけれど、案外左右されるのだとか・・・

ならば、やっぱり、前向に・・・

イ・ソジンさんが言われているように、人生のすべてを肯定し、世界という舞台の主人公になった自分の姿を思い描こう(ちょっと盛大過ぎちゃうけれどね、笑)。

ほら、しあわせのタネを蒔けば、笑顔になれる・・・
やっぱり、原因と結果だなぁ~って思う!
すべては、わが身に返る!

肝に銘じて、やっぱり真っ直ぐに生きよう!

誰にもわからなくても、神様と自分はわかっているのだから・・・


さて、素敵な日曜日に致しましょう!
笑顔で・・・


娘は、早朝バイト。
帰宅するまでにママのエリアが完璧綺麗になっていたら、彼女の足の踏み場もないくらいの部屋も片付けるきっかけになるかもぉ~(笑)!

と言うことで、頑張るぞぉ~!


f0008449_1021478.jpg

[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-22 08:26 | 本/雑誌 | Comments(0)
へルタースケルター (7月21日)
今朝・・・8:35から上映・・・

はぁ・・・またまた娘のリクです(苦笑)。

へルタースケルター:しっちゃかめっちゃか。

f0008449_20214171.jpg


ジャンル:ドラマ
製作年:2012年
製作国:日本
配給:アスミック・エース

監督:蜷川実花
出演:沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、新井浩文、鈴木杏、
寺島進、哀川翔、窪塚洋介


第8回手塚治虫文化賞マンガ大賞、岡崎京子作コミックを蜷川実花さんが約7年の歳月を費やし、映画化。

誰もが憧れるトップモデル、りりこ・・・
女性誌の表紙はすべてりりこ。
休む暇もなく仕事に追われる日々。
だが・・・その輝くような美貌は、すべて整形手術によるものだった。

りりこを取り巻く様々な欲望と彼女が抱える秘密。

女性のどこまでも美しくありたいと言う欲望が生んだ悲劇。
衝撃的な結末・・・


☆あぁ・・・蜷川さんらしい美の追求だなって・・・
極彩色に彩られた世界、きらびやかなのにどこか下卑て危うく哀しい・・・

りりこ演じる沢尻さん、あの1リットルの涙の彼女はどこへ・・・

撮影終了後、プロモーションをせずに休業宣言を出すまでに至ったりりこへの没頭。
どこまでがりりこでどこまでが沢尻さんなのか?

重なり溶け合い、一つになってしまった感あり。

究極の美の追及・・・作品の中で崩れてゆくことへの恐れと、実際に少し前までの沢尻さんの小じわ一つ感じなかった若さが思い出される。

最近の映像は、くっきり過ぎて彼女の年齢を如実に暴いているなぁ~って・・・
もちろん、今だって十分綺麗ですよ!
本当にそこらいらじゃ見られない美しい人ですが・・・

でも、役作りってことじゃなくて、感じてしまった年齢。

実際、この仕事ってキツイんだろなぁ~って思ってしまった。


そして、美しく年を重ねるってことは、やはり、内面から滲み出して来るものでしかないのだろうなぁ~って。

例えば、吉永さゆりさんや八千草薫さんのような・・・


極彩色の中に大森南朋さん演じる検事のオフィスのモノトーンが実に対照的で・・・
静かな現実とでも言うか・・・

しかし、何パターンの衣装!?
数えきれないほどの美術小道具。

半端なくて、凄いっ!!!
ここまで・・・本当に大変だったろうと・・・感心、脱帽!

後味の悪い作品になるだろうと観る前から、勝手な思い込みがあったのですが、違っていたようです。

自分が自分であること。
どんな自分でいたいのか!?
気合入れる機会になりました(笑)。

沢尻さんの体当たり演技にも拍手かな。

脇を固める俳優陣は・・・
あのアンフェアーで犯人役とは思えない役どころ大森南朋さん。演技派ですね、娘が橋本市長かと思ったって言うのには、笑。
愛の流刑地のあのエロスはどこにの寺島しのぶさん、いやぁ~、女優さんってほんと化けますよね。
綾野剛さん、今注目の若手俳優さん、とても多くの作品に出演されていることにびっくり!しかも案外観ていたものが多くて、気付きませんんでしたが・・・爆!
鈴木杏ちゃん、どこ?って探しちゃいました。大人になりましたねぇ~、あのリターナーの印象がいまだに強くて・・・
そして、窪塚君・・・娘のお目当てだったようで、久々にみた彼は、とてもイケてました。
いまだどこか気怠い雰囲気に包まれいい男でしたよ。






☆今日一日・・・
見終わって、朝食もエナジーバーだけだったので、美味しい中華を食べに行こうと・・・
その前に最近の疲れもありリフレで解して貰い、食後、バーゲン中だったこともあり、総額を考えたくないほど買い込んでしまいました(ほとんど娘のもの、爆!)。
最後にお茶して何と帰宅時間は、朝8時過ぎに出てから夕方の6時前(苦笑)!
夕飯は、質素に済ませ(笑)、まったり・・・
一日あっという間でした。

明日は、真面目に家事に専念したいと思います。

ではでは、素敵な日曜日を!
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-21 21:09 | 映画/ドラマ | Comments(4)
少しでも涼を感じられるように・・・
。・:*:・゚★,。・:*:・゚おはようございます´∀`・:*:・゚★,。・:*:・゚☆

暑い暑いと言えば言うほど、暑くなりますが・・・
いやいや、言わずにはいられませぬ(爆)。

で・・・

ベランダのミント達が元気で少し間引いたので、
サラダボールに浮かべてみました・・・

かすみ草も可憐でいいかなと・・・

少し爽やかになれたかな・・・?


f0008449_10364010.jpg



f0008449_1037540.jpg

[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-18 10:37 | | Comments(6)
テルマエ・ロマエ (7月15日)
f0008449_8473344.jpg


ジャンル:ドラマ
製作年:2012年
製作国:日本
配給:東宝

監督:武内英樹
出演:阿部寛、上戸彩、北村一輝、竹内力、宍戸開、笹野高史、市村正親


マンガ大賞&手塚治虫文化賞のW受賞、ヤマザキマリさんの大ベストセラーコミックの実写映画化。
監督さんは、「のだめ」の竹内氏。

古代ローマからタイムスリップしたローマの浴場設計士、ルシウスが文明に触れて驚愕する姿が・・・
タイムスリップ先で出会った漫画家志望の真実とオヤジ達、ルシウス曰く「平たい顔族」の風呂文化からアイディアを得、古代ローマに戻り、脚光を浴びる事に・・・


☆4月28日公開から、いやぁ~ロングランですねぇ~、大ヒット!
見たい見たいと思いつつ、久々に映画に行こうと里帰りの息子のリクで娘と三人で鑑賞へ・・・

CFで流れていた爆笑シーン、結構たくさん使われていたんだなぁ~と。
前半は、笑えたのですが、後半は結構普通と言うか・・・

しかし、これほど濃い顔の人ってこんなにいたのねぇ~(笑)。
よく集めましたって感じ。
日本人なのに、古代ローマ人に交じっても全然O.K!って・・・爆!
いやぁ・・・それだけでも笑えます。

阿部さん、ほんといろいろな役に挑戦されていますね。
1990年の孔雀王 アシュラ伝説を劇場で息子と見てから・・・いつの間にか数えきれない作品に出演、当たり前ですが、失礼ながら今更、しっかり俳優さんなんだなぁ~って。

お風呂が題材の作品だけに、いやぁ~、撮影はさぞかし大変だったのでは・・・苦笑。

笑えるシーンに真面目に取り組んでいるのが、また、笑いを倍増。
ウォシュレットのシーンなんて・・・もう・・・

阿部さん、お疲れ様でした。

息子は、コミックを読んでいるとかで、かなり内容は映画向きにまとめられているようで、また原作とは別物って感じだったようです。

思っていたよりも爆笑だけで終わらず、ちょっとイメージ違ったかな・・・?



鑑賞後は、父と待ち合わせして揃ってお寿司屋さんへ・・・
あ~たんが実家へ行っていたので、一緒に過ごせなくて残念でした。

翌日、早朝から朝食の準備をしてまだ寝ていた息子の顔は見られず、会話を交わせずにこれまた残念でした。
ちょっと前のうさでは、考えられない子供たちを置いてのお出かけ・・・
母も十分独り立ち出来ているようです(笑)。
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-18 08:47 | 映画/ドラマ | Comments(0)
BRAVE HEARTS 海猿 (7月13日)
f0008449_2365369.jpg


娘の強~いリクに負けて、初日に!
プロモ・・・かなりの力の入れようだったから・・・こりゃ、座席確保せねばと、ネットで購入。
ウルティマとかで各200円増し、ネット手数料みたいなのでこれまた200円増し・・・
行ってみれば、う~ん・・・座席大丈夫だった・・・はぁ・・・苦笑。
娘は、時間に余裕がありませんから、なかなか行ける時に行って置かないとって感じだから。
暇にしている母とは違うし・・・まっ、仕方ないですね。

ジャンル:アクション
製作年:2012年
製作国:日本
配給:東宝

監督:羽住英一郎
出演:伊藤英明 、加藤あい、佐藤隆太、仲里依紗、三浦翔平、平山浩行、伊原剛志、時任三郎

2004年「海猿」から、映画版の第4弾。
海難救助の最後の砦と言われている特殊救難隊へ、自ら志願し配属された仙崎と吉岡の活躍を描く。


羽田空港に向けて飛行中のジャンボ旅客機のエンジンが炎上、唯一残された希望の道は、海上着水のみ。
しかも東京湾への着水が成功したとしても、飛行機が浮いていられるのは、僅か20分!
機体が沈む前に乗客、乗務員346名の命を全員救えるのか!?

仙崎の誰一人として失うことなく救助したいと言う、時に危険な独断とみられる行動で叱責を受けることも・・先輩との葛藤。
仙崎の妻・環菜は2人目の子どもを身籠り、よくない事ばかり起こる社会に未来への不安を抱いていた。
吉岡は、CAの美香という恋人との破局、そして、事故機にはその美香が・・・

それぞれがそれぞれの思いを抱きつつ、遭遇した大事故に立ち向かってゆく。
仙崎のどこまでも決して諦めない行動が、周りの人々を巻き込んでゆく・・・


☆これのせいで・・・
いやぁ~、泣き過ぎて、恥ずかしくて泣くの可能な限り我慢して・・・もう、頭ガンガン痛くなって・・・
帰宅後、鎮痛剤のお世話に(苦笑)。
っく!これ系は、やっぱり駄目だぁ~!
パニック・・・あまりに降り掛かる過酷な状況に無理・・・
お話だとわかっていても、無理・・・
肩に力が入り、涙で鼻が詰まって苦しい。

もっとリラックスして、甘いのがいいうさです!
だって、大好きな海まで怖くなってしまう・・・

見終わって通路を出口へ向かいつつ、涙がツツ~っと零れちゃって、娘があんぐり!

お決まりのハラハラ、ドキドキ、でもダイジョブなのにね。

泣いて下さいっていう作品じゃないですか!
わかってる・・・でも、まんまとその手にやられちゃう。

関係者の方の思う壺(苦笑)。

しかし・・・疲れた・・・

座ってるだけなのに、身も心もクタクタ(苦笑)。
はははでした。

まぁ、じゃぁ、皆さんやられちゃうかと言えば・・・どうかなぁ~?

これは、あくまでうさのことで、娘は、全然平気でしたから・・・

何とも言えません。


仙崎役の伊藤さんは、うさの中では、ドラマ等でその演じる役柄が結構ひ弱な印象が強くて、背が高くてペラっと薄い感じな人。
それが、いつの間にあんなに筋肉の人になったのでしょう?
別人って感じです。

加藤あいさんとの夫婦が板について来たって感じでしたね。

吉岡役の佐藤さんは、見るからにいい人。
それが、今作では、泣かせてくれちゃうの・・・

最初の涙は、自分とじゃなくても彼女が幸せになってくれればいいって・・・

始まって何分だったのかなぁ~?
そこから涙・・・

我慢していたのが、一度零れると駄目ですね。
止まらなくなる・・・困ったものです(苦笑)。


誰かの命を守るため、救うために自分を捨ててでも立ち向かえるかっ!?

難しいな・・・

でも、現実社会でこんな風に人と人が向き合えたら、きっと笑顔が溢れるんだろうなぁ~。


暖かい社会になればいいなと願いつつ・・・
[PR]
by pink_alien98 | 2012-07-18 05:18 | 映画/ドラマ | Comments(0)