LUNAママのぷれしゃす
usaluna.exblog.jp

連れ連れなるままに大切な人や物、出来事について
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
>わぁ!tamakiさん..
by pink_alien98 at 01:18
うさるなさま お久しぶ..
by tamaki at 07:20
>2017-02-18 ..
by pink_alien98 at 12:57
>2016-12-12 ..
by pink_alien98 at 20:22
>2016-11-29 ..
by pink_alien98 at 22:14
>tamakiちゃん、わ..
by pink_alien98 at 21:55
うさるなさま お久しぶ..
by tamaki at 20:38
> 2016-11-13..
by pink_alien98 at 10:03
 >2016-11-05..
by pink_alien98 at 10:50
 >2016-09-24..
by pink_alien98 at 07:59
>2016ー09ー15 ..
by pink_alien98 at 05:18
>2007-04-23 ..
by pink_alien98 at 07:02
>2016-06-30 ..
by pink_alien98 at 22:59
>2016-06-11 ..
by pink_alien98 at 10:48
>林檎さん、おはようござ..
by pink_alien98 at 10:24
リンク
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル ファンクラブ


BH Entertainment

セピア写真館・木霊分室

わくわく!バンジージャンプするっ!

Myさらんビョンホンoppa

ボケのひとりごと LBH三昧

韓流HiT!

韓流ショップ


☆お願い。
どんな事でも構いません。
誹謗中傷以外なら、足跡残して行って下さいましな。

☆もしもこのブログをリンクされる時には、先に私にご連絡下さいませ。

☆ここで記載させて頂いている画像・引用文の権利は、著作権元に帰属します。 あくまで、わたくしの趣味の範囲でのこととご承知置き下さいませ。

☆ 素材やさん Lip Stick

素材やさん   NOION

素材やさん あんずいろapricot×color


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
何かありましたら、こちらの方へ連絡下さいませ。
precious0712@hotmail.co.jp

 
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
万能調理器具レミ・ヒラノ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
単身 引越し準備リスト
from 単身 引越し準備リスト
収納のマル秘テクニック
from 収納のマル秘テクニック
引越し 日取り 吉日
from 引越し 日取り 吉日
アウトラスト お昼寝マッ..
from エコの時代! 節電・節約・エ..
女優やトップモデルに大人..
from トリーバーチ(TORY BU..
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧
何だかね・・・
こんにちは・・・


頭の中・・・

光海君でいっぱい・・・
不思議。

生ビョンホンシに会えたって言うのに・・・
昨日見た、映像が眼前に鮮やかに蘇る!

もちろん、昨日の素敵な彼の姿も思い出すのだけれど・・・

演じている彼を思い出すのです。

いやぁ~、本当に面白かったのです!

16日まで長いなぁ~・・・

早く見たいな・・・

何度でも。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-30 15:02 | 独り言・・・ | Comments(2)
彼・・・
光海君&ハソンについては 

ですが、舞台挨拶のご本人については、まだ、触れていませんでしたね(笑)。

カテ別でという事で・・・


素敵でしたって・・・ありきたりですよね。

でもね、ほんと、そうなんだから・・・仕方ない(笑)。

キラキラ・・・本当にキラキラ・・・笑。

ヘアスタイルもUPだけれど、オールバックが苦手なうさも・・・いい感じ。

ファッションは・・・う~ん・・・パンツだけが・・・スーツが良かったなぁ~。

終始笑顔で、時々お茶目な素振りも変わらない。

まだ、通訳さんが必要なのかな?って思うけれど、でも俳優さんだから、もしも日本の作品で日本語が必要ならば、きっとバリバリ話せちゃうのだろうなぁ~。
と言うか、きっと彼は今でもかなりわかっているような気がするんだけどなぁ~・・・


この王になった男・・・とても楽しんで撮影出来たと言う。

それが一番良かったなと。

韓国での大ヒットに続き、日本での大ヒットも願って止みません!


また、素敵な時間を過ごすことが出来たことに感謝あるのみでございます。

ではでは、家事に戻りたいと思います。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-30 11:40 | 愛しのイ・ビョンホン | Comments(0)
王になった男 ジャパンプレミア 2013年1月29日(1回目)
何故か応援バナーが貼れません(涙)。

おはようございます・・・

昨夜も詳しいことはまだ公開前ですので、控えさせて頂きたいと思いますと書きましたが、フライヤーにも書かれていることくらいは、大丈夫かなと。


それでも、知りたくないと言う方は、どうぞスルーをお願い致します。

改めまして、昨日の詳細レポとはゆきませんが、この鳥頭で覚えている限りを記して置こうと思います。

まぁ、すでにあちこちでUPされていることと重なるでしょうし、いまもTVで昨日の舞台挨拶の模様が放送されてもいますし・・・

まっ、うさの記録ですから、時系列等、くちゃくちゃかもしれませんが・・・

先ず一回目の新宿バルト9が当選。
ファンクラブからお電話頂いた時には、ビックリで何が何だか?みたいな(笑)。

同伴おひとり様O.Kと言われまして、仲良しのAさんをお誘いしてご一緒に。

入り待ちとかいまいちよくわからないので、早目のお昼を頂いてからゆっくり劇場へ。

9Fにあるバルコニーのように付き出した下にたくさんの人が・・・
ん?何?と思いつつ、シアターのある13Fへ。

予告編無しですぐに本編に入るという事で、座席へ。
おぉ!HPで確認はしていたのですが、結構至近距離のしかもセンター!!!

いつもなら劇場では、持病もあるので、一番後方通路側と決めているのですが、今回ばかりは選択出来ません。
ちょっと心配しつつも作品への期待大で、ドキドキ!
そして、もちろん、終演後の舞台挨拶も気になって・・・


冒頭・・・見えそうで見えない光海君の身支度シーン、これがとっても美しいなぁ~と。

そして、如何に暴君であるか・・・

暗殺から逃れるために探し出された・・・、へソンに突然降り掛かった運命の時が始まる!

影武者・・・

威厳に満ちた朝鮮15代目の王、光海君。
庶民ハソンのとぼけた感のある存在感。

見事に演じ切って・・・
ほぉ~って感じ。

本当にいつも言っておりますが、天職、俳優イ・ビョンホンここにありって感じです。

応援に来て下さった岩下さんも、本当に素晴らしい二役だったと絶賛されておりました。
それから、彼の一番素晴らしいところは、役に成り切る俳優としてのスタンスだとも。

終演後の舞台挨拶では、お茶目な面も健在!

こんにちは、イ・ビョンホンですの後に、美味しかったですか?
ん?会場笑いの渦・・・面白かったですか?の言い間違い。

ハソンのようなキャラを演じるのは、今までになかったイメージだけれど、どうでしたか?みたいな質問には、友人からは、自分の素に近いから違和感はなかったと言われたみたいですね。

G.I.JOE2の撮影を終えての後だったので、本当に撮影現場が毎日楽しかったそうです。

作品を選ぶポイントは、役柄ではなく、ストーリー自体。

ハソンがキーセン宿で道化の踊りを踊るシーンは、とても上手だったけれど・・・実は、踊りの練習をしたらこれが難しくて、撮影を先延ばしにと監督に頼み、結局練習を積んでみたものの、4カ月先の最後の撮影になって
しまった。
それでも、難しくて、一部専門の方に踊って貰っているそうです。

ここ最近は、重たかったり、怖い作品で、これは、自信を持って血も出ないから楽しんで見て貰える作品だと思いますとのこと・・・ん?血・・・ありましたけど(笑)。
全然無いわけじゃありませんが、まぁ、普通にと言うことで。
とにかく、たくさんの方に楽しんで貰える作品だと思います。


うんうん、そうだと思います!
母国で大ヒットしたわけがわかる作品でした。
時代劇では歴代1位全作品中では歴代3位に輝く理由がわかります。
是非、劇場でお楽しみ下さいませ。


それから、後は・・・
う~ん・・・思い出せない(苦笑)。

また、思い出せたなら、追記させて頂きたいと思います。


彼が出演した過去の作品を振り返っても、これは、本当に普通。
あっ、う~ん、どう言えばいいかな?

普通って平凡、まぁまぁってことではなくて!!!
偏ったところがなく、万人受けするという意味と言えばいいかな。

ストーリーもきちんとあって、15日間を2時間強の中にわかり易くまとめてあり、ハソンが卑しい身分でありながら、民を思う真の王になってゆく様が心に響きます!

まだ、一度だけの鑑賞で、細かいところは理解出来ていないでしょうし、ラスト近く疑問に思うところもあったり、何度か観る内に見えてくるのかなと、楽しみです。

しかし、泣かされました。

そそ、結構始まったばかり、緊張もしていたせいか、持病の発作が出そうになり、顔面蒼白。
マジで、救急車になったらどうしよう!
座席が真ん中、皆さんスクリーンに釘付け、その中をすみませんと通路までゆくのが憚られ、落ち着け落ち着けと自己暗示を掛けるもなかなか治まらず、焦ったぁ~!
それでも、何とか、呼吸を整え治まったので、最後まで見る事が出来て良かった。
久々に大きな発作でした。
おトイレにゆくのを控えようと思い、いつもなら用意している飲み物も無くお薬も飲めず、やっぱり、絶対に飲み物は必要だと実感。
最近、発作の回数が減って来ていたので、油断していました。
終演後、お友達に気持ち悪くて大変だったと話したら、何と、お友達も同じ。
どうもスクリーンが近かった事と、映像が揺ら揺らするところがあったからかなと言う話になりました。

次回からは、やはり、いつもの場所での鑑賞にしよう・・・
しかし、乗り越えられたのは、迷惑を掛けたくないという事と、見たい一心だったのでしょうね(笑)。


それから、残念な事が一つ!
雑誌社等のフォトタイムがあったのですが、関係者のみで一般の撮影は禁止。
ですが、あちこちで目にした携帯やデジカメでの撮影。
最初、舞台挨拶の準備中、撮影O.Kなのかな?って言う雰囲気だったので、お隣の方に撮影いいんですか?と尋ねたらいいみたいですね。
おっ、ならばとお友達とデジカメスタンバイ。
でも、始まる前の注意で一般の方は、N.G。
もちろん、即、うさもお友達もカメラをバッグにしまいました。

終了後、各関係者の退出後に一般の退出だったのですが、あちこちで撮影した画像や動画の消去を求め、きつく咎める声に、ビックリ!

近くの方なんて、撮ってもいないのに、凄い言われ方で・・・きっとせっかくのプレミアが苦い思い出になっただろうなぁ~と。

消すまでとてもひどい言い方で言われていた方もいて・・・
もちろん、違法行為ですから注意を受けるのは当たり前。
ですが、言い方、そしてやはりそのような行為をされたがために、せっかくの良い記念に苦い思い出が加わってしまいました事、とても残念でなりません。

うさも撮れるものなら撮って、行きたくても行かれなかった方々に、少しでも雰囲気を見て貰いたいとは思いましたが、守って良かったなと・・・
少なくともあれだけ公の場できつく言われれば、落ち込んで立ち直れなかったと思うし、何より、自分が自分に嫌になるから。
しかし、あれだけの人の中で係の方ってどこから見ていたのかなぁ~?とビックリもしました。
わかるものなんだなと。
イ・ビョンホンのファンである前に、マナーを守る、人としてきちんとしていようと思わせる場面でした。

これは、もちろん、ビョンホンシが舞台を去った後の事ですから、良かった。

さて、ではでは、帰りますかとまだ涙も乾ききらない状態でエスカレーターへ・・・

9Fまで来たら、あのバルコニー見たいな張り出した上に光海君の衣装が展示してあり、吹き抜けの上を見上げるとカメラマンがぎっしり。
ん?ここに出て来てくれる?
カメラチェックも入っているし、そうこうしている内に、先ほどの舞台挨拶時の司会の方が現れて、ビョンホンシの登場があると・・・
おぉ!シアターでさよならしたのに、もう一度ここで会えるんだぁ~!!!
見上げる感じでしたが、よく見えました。
途中で応援に来たと言う岩下さんも加わり、インタビューは進む。
岩下さんは、彼のファンだという事で有名な女優さんですよね。
72歳とは思えない!美しい方でした。

共演するなら、韓国の御曹司と韓国の女社長のミステリアスなストーリーが良いそうです。
ビョンホンシは、お互い格闘家で僕はテコンドー、アクションは如何ですかと(笑)。

上にも書いておりますが、岩下さん、ビョンホンシのすべてを絶賛されておりました。

日本の大女優さんに絶賛される彼・・・ファンは自慢ですね。

彼は、日本には、たくさんの素晴らしい監督や俳優さんがいるから、どなたと共演したいとかはたくさん過ぎて言えないと。
日本の映画が大好きで良く見ていますとのこと。
いつか、日本の監督とも如何かしら?

期待しています。

さて、そんな感じで時間が過ぎてゆき、別れを惜しみつつ、短いけれど、長く感じた半日が終わりました。


そして、また、エレベータに乗ろうとしたら、ここでもいやいや、乗り込む時に突き飛ばされました(苦笑)。
少し待てば次のが来るのになぁ~・・・


しあわせな時間とちょっと残念なこともありましたが、無事に参戦出来たジャパンプレミアのご報告でした。


一から十まできちんと覚えていなくて、何とも言えないレポですが、まぁ、うさのことですから、これでご勘弁を。

とにかく、王になった男・・・期待以上です!!!

2月16日、劇場へ!!!


☆うさの主観でしかありませんが、本当に私は面白かった、感動しました。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-30 09:35 | 韓国映画 | Comments(2)
ホントにホントにホントに・・・チェゴ!!!
☆何故か応援バナーが貼れません(涙)。

こんばんは・・・

ローチケはすべてアウトでしたが、お蔭さまで、夢みたい・・・
公式抽選に当選、参戦出来ることとなりました。


光海君・・・もちろん、期待はしておりましたが、その期待を十二分に上回る作品でした。

いや、これは何度も劇場へ足を運ぶことになりそう(爆)!


っく!泣かされました・・・
う~ん、4~5回だったかな・・・

それも結構ポロポロ来ちゃいました(苦笑)。


しかし、二役凄いっ!

純中の時には、兄が憑依すると言う演じ分けをしたわけですが、またそれとは異なる本格的な二役。

光海君を演じているハソンってわかる、見事に光海君に成りすましたハソンですが、その後ろにハソンが感じられて・・・。
それは、大きなことではなくて、ちょっとした目の動きだったりとかで・・・

またまた、凄いっ!役を完璧に自分の中に取り込んでしまったのねって!

影武者、真の王となるー

歴史から消された15日間の秘密を描いた、絢爛豪華な宮廷歴史大作。

暗殺の危機に瀕した暴君・光海君。
影武者として雇われた、たった銀2両の”偽の王”は
民のため国のため運命をも変えようとしたー
(リーフレットより抜粋、引用させて頂きました。)

まだ、公開前ですので、詳しくは書けませんが・・・


☆朝から出ずっぱり、緊張もしていたし、帰宅後は、グォンをお風呂に入れなくちゃいけない状況になっていて(苦笑)、夕飯作って、片付けて・・・
即行書き上げてUPと思っていたのですが、今宵は、もう睡眠不足には勝てないようです(苦笑)。ミアナムニダ。
なので、また、目覚めたら続きを!

ではでは、お休みなさいませ。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-30 00:57 | 韓国映画 | Comments(2)
王様君臨、訂正あり!
おはようございます。
ちょっと勢い余って、訂正が必要な箇所がある事に気付きました。
出先なので、帰宅後、アップし直します。
大変失礼致しました。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-29 10:19 | Comments(0)
王様君臨!
こんばんは・・・

再UPとなります。もう一昨日になりますが、勢いでUPし、昨日の朝、ジャパンプレミアに向かう道中、これは訂正が必要だと気付き、慌ててお断り入れさせて頂きました。

で、一部手直ししてのUPとなりますので、時間はそのままで。




羽田にお迎え350人!

こんな風に・・・そ、ジョニデのような感じかな?

立ち止まって握手して、直接プレゼント受け取ってくれたり・・・

日本では、過去あまり目にした事のない光景じゃないかしら?

お迎え行かれた方、幸せな時間でしたでしょ。


また、細くなったみたい・・・?

少し疲れている様に見える・・・多忙過ぎるから、大丈夫かな?


さて、公式にて、ちょっといつになく弱気な発言に思えたから・・・
・・・あなたが天職とする俳優であり続ける限り、うさは劇場へ参ります!


光海君・・・今回は、ほとんど画像や動画もあまり目にすることなく、楽しみにしています。
でもね、Mnetで2月の番宣しているのを目にしたのですが・・・

いやぁ~、本当に二役をきっちり演じ分けているのには、その凄さに彼の演技力の計り知れない底力を改めて見せつけられた感100%!

さて、いよいよ明日!
ドキドキ・・・

この運に感謝して、しかとレポ出来るようにガン見するつもりではおりますが・・・
さて、どうなりますことやら・・・

また固まっているかも・・・苦笑!

では、そろそろ休みます。
風邪がいまいちなので、お薬に助けて貰いつつ・・・

同じ空の下・・・

夢見ましょ・・・笑。


おやすみなさいませ。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-28 23:34 | 愛しのイ・ビョンホン | Comments(0)
忘れたい恋は・・・
ミュージカル 光化門恋歌 



明治座創業140周年記念

忘れたい恋は、
忘れられない恋でした。



韓国ミュージカル界最高峰!
第六回大邱ミュージカルアワード大賞受賞
奇跡のキャスティングで遂に東京上陸!

光化門恋歌は、韓国の国民的人気作曲家 故イ・ヨンフンによるヒット曲の数々で構成され、韓国でも異例の動員数を誇るオリジナルミュージカルです。
脈を打つストーリーと美しいメロディー、豪華キャストによる情感あふれる熱唱が響き合う情熱的な舞台にご期待ください!

と言う事で、行って参りました。


たった1日2回だけのユノ君出演・・・

いやいや、オーディエンスは、オールユノペンかと感じさせるほどの雰囲気に・・・爆!

座席は1Fですが、それほど良席ではありませんでしたので期待はしていなかったのですが、一応ほぼセンターでしたので、初めての明治座はコジンマリ、お蔭さまで思ったよりも良く見えました。

多忙を極めるスケジュールの中、たった1日の出演のためにどれだけの練習が出来たのかなぁ~?
大変だっただろうなぁ~・・・

他の出演者の方とのコミニュケーションとかも・・・
大阪を含め三日間の出演。
宮では出演回数も多かったけれど・・・
エールも拍手も断然ユノ君に一点集中と言っても過言ではないくらいなのだから・・・

LIVEでは、幾度となく場数を踏んではいても、同じ舞台の上とは言え、全然違うんだろうなぁ~。

本職のミュージカル俳優さんは、さすがに声量もあって、堂々たるもの。
ヨジュ役のリサさんには、おぉ!って。

でも、ユノ君、そんな中にあってもやはりオーラを放っておりました。
声を張る楽曲は少なかったように思いますが、優しい歌声は、ピカイチ!

そして、ダンスとなれば、やはり最高!

魅了してくれましたよ。

台詞も多く、過去のサンフン役という事で、出演は少しだと思っていたのですが、でも、現在のサンフンと過去のサンフンを同時に舞台に上げると言う面白い演出もありで、結構全編通して見られました。

セットもそう大掛かりとは言えない感じでしたが、とても工夫されていて、透き通るスクリーンで区切ってみたり、大きなスクリーンに映し出される情景もなかなか素敵でした。

それほど大きくはない舞台ですが、奥行きも感じさせ、少し傾斜を付けてあり、ちょうど目線に舞台があって見易かったですね。

さて、感想が先走ってしまいましたが、どんなお話かと言えば・・・


1980年代、光化門の片隅に位置するライブカフェ「ブルーアジト」に、有名作曲家のサンフンとデモ学生のヒョヌがいた。
サンフンはヒョヌにとって尊敬する音楽の先輩であり仲の良い兄貴分だった。
そんな2人がある日、カフェに響き渡る美しい声の主、ヨジュと出会い、同時に心を奪われてしまう。
サンフンは自分の作った曲をヨジュが歌ってくれることを願い、彼女のデビューに向けて、惜しみない支援を行いながら、慎重に彼女へ近づいてゆく。
一方、ヨジュは、年下だが積極的に近づいてくるヒョヌに心惹かれていく。

恋の痛みは時間が過ぎても消えずに残り、我々の残った人生を導く

(パンフレットより抜粋、引用させて頂きました。)


ヒョヌは、愛する人を置き去りにしても、自分が信じる道を進み、数年が過ぎゆき・・・
そのヒョヌがいない間、愛する人の心をそっと包み、見守り、我が子ではない子ジヨンも守って来たサンフン。
しかし、愛する人の悩む姿に自ら別れを告げる。

愛しているのに・・・

いやぁ~・・・
無理!

自ら手を放すなんて、うさには出来ないと思う。

愛するがゆえに苦しめたくなはない・・・
そうだけれど、じゃあ、それでいいの?

自分の真心はどうすればいいの?

心が痛くて痛くて、叫んでいるのに・・・

愛していると・・・

ヨジュ・・・ずっと見守り続け支えてくれたサンフンを置いてもヒョヌへと走る思い、はい、わからないわけじゃないけれど、でも・・・じゃあ、一人で生きれば良かったのに・・・

サンフンに頼らずにしゃんと生きれば・・・

二人の男に愛され、そのどちらをも傷付けているような・・・

愛って残酷なものだよね。


う~ん、でも、そうだね。
書いていたら・・・やっぱり、自分の心に正直に生きるしかないのかな?って・・・
それがたとえ誰かを傷付けることになったとしても・・・

愛することは、止められない厄介な感情なのかも。

うさは、若い頃、好きなものは好きな人で(苦笑)、たとえ思いが叶わなくても告白しないで終われない子でした。
結果は、どうでも良かったわけではないけれど、思いは伝えないと後悔すると信じていたから・・・

今となっては、どうだったのかなぁ~(笑)。

でも、やっぱり、誰かを愛したいし、愛されたいし・・・
守りたいものはあるわけで・・・

人の心が、この世の中で一番厄介で不思議なものかも・・・苦笑。


愛した記憶、時が過ぎて、いつか傷付いたことさえ愛おしい思い出に変わる気がします。


意味不明な呟きになってしまったかもですが、今日は、とにかくうさの自分への贈り物でした。

なのに、実は、昨日から風邪かな?熱が出て、お薬のお世話になっての参加でした(爆)!
高熱ではないので、インフルとかではないと思います。
喉が痛いのできっと久々の扁桃腺炎だね。
ちょっとわたくし事でいろいろあって、ストレス気味、たぶん疲れたんだと思う。

それでも、這ってでもゆくからと言ううさに、家族は、行けば熱下がるんじゃない?ですと(苦笑)。

いやいや、下がらないっしょ。
上がったとしても・・・笑!

ではでは、写真撮影O.Kになった時の画像をUPして置きます。

デジカメがいまいちなので、綺麗には撮れていませんが、記録という事で・・・
(いっぱいいっぱい撮ったつもりだったのに、何だかピンボケだったり・・・とにかくシャッター押し続ければ良かったのにね、でも無いよりいっか)

f0008449_23394771.jpg

f0008449_2340090.jpg

f0008449_23401130.jpg

f0008449_23402237.jpg

f0008449_23403243.jpg

f0008449_23404274.jpg

f0008449_2341467.jpg

f0008449_23411447.jpg

f0008449_23413675.jpg

f0008449_23414866.jpg

f0008449_2342795.jpg

f0008449_23421779.jpg

[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-26 23:57 | LIVE ! | Comments(4)
第36回日本アカデミー賞新人俳優賞!
f0008449_215978.jpg


おめでとう!!!チャンミン!

初の日本映画出演作品「黄金を抱いて翔べ」で受賞することになったそうです。

何て嬉しいことでしょう。

初の日本映画出演と言うことで、ずいぶん精神的に苦労したと語っていましたし、LIVEとも重なってのスケジュールで身体的にも、本当にいろいろ大変だったことでしょう。

良く頑張ったと思います。

その頑張りがこのような形で認めて貰えるって、本当に嬉しいことですよね。

きっとユノヒョンもどれだけ誇らしい気持ちでいることか。

これからもいろいろな方面での活躍願っています。

この作品は、三回鑑賞しましたが、チャンミン演じるモモは、本当にぴったり嵌り役だったと思います。

もう一度、チャミナ、おめでとう~!!!
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-22 20:56 | 映画/ドラマ | Comments(2)
うさとうさちび・・・グォンに会いに・・・③
☆追記ありです。

サイン会とこのミニLIVEのためにだけ訪れた済州島です(苦笑)。
座席は、チケットを受け取った時にR-나ー3열ー9번と10번
娘が3列目の9と10番だよ・・・でも、この나が?

ビュッフェ会場からLIVE会場へ移動。
結婚式の披露宴会場のようなお部屋。

入り口で座席表を渡され中へ、係の人が座席まで案内してくれる。
おぉ!前から3列目でした。
나と言うのは、ステージ向かって左から二つ目のブロック。
左からハングルのカナダラマパサ(日本のはまやらわみたいなもの)で、7ブロックあって、列は12列までで、
1ブロックの1列に10番まで。
7×10×12=840名ですね。

f0008449_8311610.jpg


ステージは、それほど高さのあるものではなくて、本当近いっ!

f0008449_8483490.jpg


このWHITE CHRISTMAS Eve Partyは、2AMだけの出演ではなくて、天才バイオリニストと言われているユジン·パクさんのエレクトリック・ヴァイオリンの演奏、弘益ハンドベルクワイアのハンドベルの美しい音色も披露されるというLIVE。

済州ロッテホテルと提携した済州島ドットコム旅行会社で申し込めば、最低1泊209,000ウォン(朝食無し/税込)このLIVEも10%引きで、R席は大人95,000w、小人55,000ウォンで、ビュッフェを除くパーティー入場券S席44,000ウォン。(税込)だったのですが、残念ながらこの済州島ドットコムが見当たらず、結局別の旅行社からの宿泊になってしまったので、割引は叶わず(涙)。
それでも、とにかく出来るだけ安くお願いしますという事でお願いした結果・・・

家族揃って旅行好きであちこち出かけて来ましたが、過去最高の寝心地の良いベッドでした。
短い睡眠時間でしたが、本当に心地良く爆睡!
うさは、ベッドカバーの裾がベッドのマットレスに折り込んで挟んであるのが苦手で、いつも全部ひっぱり出して寝るのですが、初めて、そのままでゆったり眠れました。
どういうベッドメーキングだったのだろう?

いやぁ~、本当に気持ち良く眠れました。

本題から逸れてしまいましたね(苦笑)。

で!LIVEです!

ユジン·パクさんのエレクトリック・ヴァイオリンの演奏、なかなか素敵でした。
感情表現が豊かだなぁ~と。

そして、ハンドベルは、やはりクリスマスにはぴったり!
美しい音色に、あぁ、クリスマスだねぇ~って・・・格別な気分に!


そして、いよいよ2AM登場。
ビシッと決めたスーツ姿で、にこやかに登場。

もちろんMCも全て韓国語ですから、うさは本当に1%くらいの理解でしたが、娘は結構理解出来たようです。

とにかく、近いのよっ!
今までで一番近くで生歌かな?

オーディエンスは、韓国の家族連れが多く目立ち、ファンではないかもしれないけれど、クリスマスをちょっと贅沢にお祝いしようと来られたのかなって思いました。

セトリは、いまいちあやふやですが・・・

너도 나처럼
전활 받지 않는 너에게
죽어도 못 보내
이 노래
With Or Without U
촛불하나(god)

最後は盛り上がって、座席なんてあって無いに等しいスタンディング状態。
後ろからどっと押し寄せて、それも特に規制無しで、O.K!

カメラもビデオ撮影もO.Kでしたし、それって凄いね、日本では有り得ないなぁ~。
凄い美味しいLIVEでした。

うさは、そのまま座席にいましたが、あまりに人が押し寄せたので、前に行かない娘に行って来たらと薦めたら、最初は、いいよぉ~と言っていた彼女も2AMもノリノリだから、それもありかなと前へ・・・

押されていつの間にか一番前に行けたそうですが、周りに子ども達が多かったために、ハイタッチは、子供達で終わってしまったそうです。(残念)。

それでも、下から直ぐ上を見上げたらグォン君がいたとルンルン。
来た甲斐があったよね。

間にトークも挟みつつ、盛り上がって終了。
時間にしてトータル、二時間弱くらいだったのかな?
ちょっと時間は覚えていません。

2AMの面々は、とてもリラックスしていて、楽しそうで、グォン君はちょっと疲れて見えたけれど・・・
ジヌン君の笑顔なんて、ほんとこちらまで(*^_^*)に!

生歌は、やっぱり素敵で・・・
しかし、うさは、娘のために撮影していたので、ほぼレンズを通して見ていたため、もう少しゆっくり見たかったかな?

f0008449_14484049.jpg


f0008449_1447482.jpg


f0008449_14481125.jpg


で、予約をして置きたかったマッサージですが、何時に終わるか?だったので、終了後、調べておいたホテル近くのマッサージ店へフロントから予約を入れて貰って、予約が10時までだったので、本当にギリギリでO.K。
バンで迎えに来てくれて、寒い中歩かずに済みました。

なかなか上手な腕のある男性でしたが、話す時にとっても至近距離に迫って来るので(笑)ちと・・・汗っ!
少し日本語が話せるのですが、左肩が上がらないからと言ったのに伝わらなくて、焦りました。
で、受付の良く話せる人を呼んで来て五十肩だと伝え、理解して貰えました。
まぁ、正確に言えば五十肩ではなくて、昨年の骨膜剥離した時の怪我による石灰化なのですが。

娘は、若い女性の方で上手だったようで、すっきりしたと(*^_^*)。
もちろん、私もスッキリしました。

すっきりしたと伝えたかったのに、言い間違えて、シウォンハダ(すっきりする)なのにピゴンハダ(疲労する)って言ってしまい・・・
とっても申し訳なかったの、すぐに気付いて、ミアネよぉ~・・・シオナダァ~って言い直しました。
ハングルまだまだです!
頑張ろうっ!!!

12時近くにホテルまで送って貰い、入浴、荷物を片付けて明日の計画を確認。

休んだのは、何時だったかなぁ~?

でも、ホント心地良いベッドだったぁ~!

さて、最後は帰国日の半日のうさとうさちび・・・グォンに会いに・・・④へと続きます。


☆追記

真近で見た彼らの印象をちゃんと書いて置こうと思って・・・

いやぁ~、やはり、スターなんだなぁ~って。
凄くオーラがありました。
キラキラ!
4人共にです。

グォン君、真っ白で綺麗な肌!
そんじょそこらの女子には負けないわっ!
本当に綺麗な顔してました。

今までにもハイタッチ会やイベント、LIVEなどで何度も目にしている彼らですが、すぐ側を通ってゆく姿も、背筋がしゃんと伸びて、スーツ姿がお似合い。

サイン会のテーブルに付いた彼らと一人一人目を合わせて見られたので、改めて、隣のお兄ちゃん的な感じだと思っていたので、いやいや、そうじゃないなぁ~、やっぱり、スターだわって、思った次第でありまする。

それに、やはり人気が出て来るにつれて、見られることが多くなり、洗練されて来たんだなと思いました。

これからの活躍にも期待大です。
日本語頑張って欲しいな。

新しいアルバムVOICEも素敵な歌声、たくさんの方々の耳にして貰えればいいですね。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-22 14:51 | うさとちびうさの時間 | Comments(4)
うさとうさちび・・・グォンに会いに・・・②
すっごく間が空いてしまってもう記憶がヤバイけれど、これはうさの勝手な記録なので、綴って置こうと思います。

早朝、4時起きだったかなぁ~?

グォンに早いけれど、朝ごはんをあげて、サークルの中も整えて、出発。
空は、前日からいつものペットショップへ、グォンはまだ我が家へ来たばかりなので預けるのは心配、息子にヘルプ要請、泊まりに来て貰うことに。


さて、最寄駅からリムジンで成田へ。
機内食は?だから、とりあえず空港内のレストランで朝食を済ませて。

でも、機内食も食べちゃいました(苦笑)。 

f0008449_10235237.jpg


今回は、ツアーではないので、先ず、旅行社にLIVEのチケットが取れてからの予約にしたいと相談。
では、仮押さえという事に。
直接済州のロッテホテルへ電話でチケット確保後、フライトとホテルを確保。

空港と真反対に位置するロッテホテル・・・う~ん、宿泊料金を押さえたかったのですが、移動を考えると1時間。
やはり、天候も考え、安心料という事で、ホテルは会場になるロッテホテルに決定。

お昼過ぎには、済州島到着。
雪が迎えてくれました。

本当に小さな空港で・・・
でも、一番最初に迎えてくれたのは、トン(笑)。

f0008449_10232343.jpg


インフォメーションで娘の行きたいCDショップを教えて貰って、タクシーで移動。
調べていた結果では、島内には、二軒しかないと言うCDショップ(爆)!
後で、手配したタクシーの運転手キムさんの話によると、CDを買う人は少なくて、NETで買ったりするから、ショップが無いらしい。

で、雪降る中、旧済州広域にある中央地下商街へ・・・
明洞にある地下街に近い雰囲気。
人が少ない。

地上から、軽いとはいえ、トランクを引き摺って階段を降り(腰が駄目なうさに代わって、娘大奮闘、感謝)、とても広くて目当てのCDショップが何処にあるのか?
取りあえず、プラプラしつつもMISSHAでお買いものしたり、ジェジュ君(JYJ)がキャラのトニーモリーでお買いもの。
一応、娘も私も場所くらいは韓国語で聞けるのですが、ここに日本語が話せる店員さんがいて詳しくCDショップの場所を教えて貰う。
とっても親切で感謝。

しかし・・・ガ~ン!!!
何故かCDショップだけがお休み・・・

ホテルまでのリムジンバスに乗るために、空港へ戻る。

そそ、この戻るタクシーに乗ろうとした時に、雪に足元すくわれたのか、スッテンコロリ!
それも見事に(苦笑)。

荷物もあるし痛いし・・・先にタクシーに乗り込んだ娘に助けを求めても聞こえず・・・
タクシーの運転手さんが気付いてくれて、韓国語で「어머니가 넘어져 있어요 」と、娘が理解出来たので振り返ったらママが倒れてたってお話(爆)!

娘、目が点!
どうして?

あちこち痛かったけれど、とにかく、綺麗に転んだみたいで、何とか起き上がり、空港へ。

前日、一泊でも年末に家を留守にするという事で、遅くまであちこち片付けて準備をしていたので、睡眠不足。
ホテルへ向かうリムジンバスの中で二人とも爆睡、日本では居眠りして乗り過ごしたことなんてないのに、ハッと目が覚めて、停留所の名前に行き過ぎたかと真っ青!

慌ててコピって来た路線地図をガン見すれど、いまいち分かり難くて、でも、時間と照らし合わせるとまだみたい、日本人らしき人は乗っておらず、とりあえず次の停留所までと緊張していたら、まだだったことがわかり、ホっ!

無事にホテルへ到着。

チェックインを済ませ、「WHITE CHRISTMAS Eve Party」のチケットも貰い、サイン会、ディナー、LIVEのそれぞれの場所と時間の説明を受けて、お部屋へ。

出来るだけ安く上げようと相談の上でのお部屋ですから、期待はしていなかったのですが・・・
いや、やはり高級ホテル、とても素敵なお部屋でした。

ただ、階数が低く、眺めはいまいちでしたが、まぁ、一泊だしそれほどお部屋にいる時間もないので、O.K!

f0008449_10271292.jpg


荷物を開き着替えて、まずはサイン会へ!

サイン会のために何にサインして貰うのか事前に問い合わせたらまだ未定とのことだったので、DVDのパッケージを持参していたのですが、結局、ホテル側で用意された用紙にという事で。
(名前を書いて貰うので、母の分も娘の名前にして貰いました。)

どのくらい待ったでしょうか?
サイン会の場所までへの廊下に並んでいたのですが、思っていたよりも日本人少なかったですね。
韓国の家族連れの方が多くて。
そう言えば、前の方はご夫婦のようで、奥様はお腹が大きかったわ。

廊下にずっとテープが張り巡らしてあるので、娘に「ここ通るんじゃない?」
「まさか!きっと奥からだよ・・・」って・・・

いやいや!
後ろからざわめきが・・・

そ、母の思った通り、廊下をずっと歩いて来たのです。

もう、ホント今までで一番近い至近距離。
ですが、そんなことないって娘は反対側にいたので、あっという間に母の隣を通り過ぎて行ったのです(苦笑)。

写真撮影はO.Kでしたので、とりあえずカメラを高くかざしてみましたが、う~ん、残念ながらあまり良いショットはありませんでした。

f0008449_10282681.jpg

この廊下の細いところを通って奥へ!

そして、いよいよ順番が回って来て、不思議と固まらずドキドキも無くて、スロン君、チャンミン君、ジヌン君、グォン君の順番で用意して来たスモールプレゼントを渡しながら、いろいろ話ながらサインをして貰いました。
握手はして貰っている方もいらっしゃいましたが、私はサインだけ。

新曲いいですねとか、忙しいから身体は大丈夫ですか?とか、応援しているから無理せずに頑張って下さいなとかとか(笑)。

チャンミン君が、元気ですか?って聞いたら、僕はいつも元気っ!ですよぉ~って・・・笑。
ほんと、とっても元気に笑顔で応えてくれました。
プレゼントもこれ何ですか?って、バスソルトでゆっくりして下さいって言ったら、喜んでくれました。

まぁ、話せたといっても大したことじゃなくて、ハイタッチ会よりは長い時間見ていられたから・・・
娘は、ガチガチで頭の中真っ白だったそうで、そうよね、好きな人の前ってそうなっちゃうよね。

母は、超リラックスでした(笑)。

f0008449_10291975.jpg


そして、ディナーまでの時間は、お散歩でもと思っていたのですが、もう暗くてしかもお庭は工事中で、とても楽しみにしていたオールインの風車とベンチは、次回もしも済州島に来られたらリベンジしなくちゃ!

f0008449_10362388.jpg


f0008449_10312336.jpg


免税店でお買い物をすることにしましたが、本当に狭くてワンフロア一目で見渡せるほど。
品数も少なくて・・・

でも、お目当ての化粧品は購入出来ましたし、今回は、LIVEが目的、お買いものは贅沢と言いうことでそこそこ。

ディナーは、バッフェスタイルで種類が多くて、全部は食べ切れないほど。
案内された丸いテーブル席には、日本人のお嬢さんがお二人と後は韓国の方。

娘と適当に取りに行っては、楽しんだ食事でした。
やはり、海に囲まれているせいか、ガイドブックにも書いてありましたが、お刺身美味しかったぁ!

f0008449_10305636.jpg



さて、いよいよお目当てのグォン君!

③へ続く。
[PR]
by pink_alien98 | 2013-01-21 10:37 | うさとちびうさの時間 | Comments(2)