LUNAママのぷれしゃす
usaluna.exblog.jp

連れ連れなるままに大切な人や物、出来事について
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
>2018-11-11 ..
by pink_alien98 at 18:00
>追伸 何を頂いて..
by pink_alien98 at 23:06
>2018-11-05 ..
by pink_alien98 at 22:35
>2018-11-03 ..
by pink_alien98 at 20:06
>2018-11-01 ..
by pink_alien98 at 19:53
>りんごさん、こんばんは..
by pink_alien98 at 20:41
きのうちょうど紫芋スイー..
by 39-unepomme at 16:04
>2018-10-16 ..
by pink_alien98 at 13:12
>2018-10-15 ..
by pink_alien98 at 17:54
>2018-10-14 ..
by pink_alien98 at 09:49
>2018-10-14 ..
by pink_alien98 at 09:36
>りんごさん、おかえりな..
by pink_alien98 at 11:43
おひさしぶりですー り..
by 39-unepomme at 01:11
>2018-10-10 ..
by pink_alien98 at 11:15
>2018-10-06 ..
by pink_alien98 at 20:59
リンク
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル ファンクラブ


BH Entertainment

セピア写真館・木霊分室

わくわく!バンジージャンプするっ!

Myさらんビョンホンoppa

ボケのひとりごと LBH三昧

韓流HiT!

韓流ショップ


☆お願い。
どんな事でも構いません。
誹謗中傷以外なら、足跡残して行って下さいましな。

☆もしもこのブログをリンクされる時には、先に私にご連絡下さいませ。

☆ここで記載させて頂いている画像・引用文の権利は、著作権元に帰属します。 あくまで、わたくしの趣味の範囲でのこととご承知置き下さいませ。

☆ 素材やさん Lip Stick

素材やさん   NOION

素材やさん あんずいろapricot×color


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
何かありましたら、こちらの方へ連絡下さいませ。
precious0712@hotmail.co.jp

 
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
万能調理器具レミ・ヒラノ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
単身 引越し準備リスト
from 単身 引越し準備リスト
収納のマル秘テクニック
from 収納のマル秘テクニック
引越し 日取り 吉日
from 引越し 日取り 吉日
アウトラスト お昼寝マッ..
from エコの時代! 節電・節約・エ..
女優やトップモデルに大人..
from トリーバーチ(TORY BU..
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2008年 02月 26日 ( 6 )
亀レス・・・
こんにちは。
いつもの如く、一番新しい所から、2008年 02月 22日付けの「非公開コメントばかり書き込ませてしまって・・・」までのお返事を終えました。

抜けていないとは思いますが、突っ込みよろしくお願い致します。
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 17:27 | 独り言・・・ | Comments(0)
おっ!
あのね、映画とドラマのカテゴリを確認していたら・・・
9月30日にUPしたつもりだった「最’愛’絶叫計画」と「太陽が昇る日 
BOX3」のトピを誤字脱字確認したままで、UPし忘れておりました。

お時間がありましたら、覗いて見て下さいましな。

全く、抜けているんだから・・・自分(苦笑)。
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 09:42 | 独り言・・・ | Comments(2)
気分転換を図ろうと・・・週末から・・・
おはようございます。

ここの所、目が悪いと言いつつ(爆)、立て続けに韓国映画を鑑賞しておりました。

日常から切り離された非日常で・・・

ただ、映画の世界へと!

見ている数時間は、何も考えずに心を解き放つ事が出来ます。

いろいろ見たなぁ・・・

まだまだ、韓国映画の氷山の一角をほんの少し齧っただけ・・・

これからも、もっともっと見たいなと!
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 09:33 | 独り言・・・ | Comments(2)
花嫁はギャングスター3 ソウルウエディング
ジャンル:アクション
上映時間:117分
配給:2006韓/エスピーオー
監督:チョ・ジンギュ
出演:イ・ボムス スー・チー ティ・ロン キム・ビョンチュン オ・ジホ 
チョ・ヒボン

香港マフィアのボスは、敵対組織との抗争が激化する中、一人娘のアリョンの身を案じ、韓国ヤクザのヤンに預ける所から、ドタバタが・・・
親分からは何も知らされずに、ただ彼女の保護を命じられたギチョルだったのだが・・・

☆大ヒットした1作目のあと、チャン・ツィイーをゲストに迎えた2作目に続く、3作目ですが・・・
2作目のザ・ブライド 花嫁はギャングスター2を見ていないので、何とも言えないのですが、やはり、一作目は、面白かったなぁ~と。
台湾出身の女優スー・チーを主演に迎え、アクションは冴え渡っていましたし、イ・ボムス演じるやくざと弟分達のやり取りも滑稽で・・・
なかなかコミカル、楽しめる作品ではないかと。

イ・ボムスシと言えば、もう、思い出すのは、「バンジージャンプする」しかないでしょう!
ビョンホンシと同じ70年生まれ、実力のある俳優さんですよね。
この作品でも、いい感じでした。

息子が気分転換したらいいと言うので、数本借りて来て息子が旅行の予定があったので、とりあえず一本と、一緒に鑑賞したのが、これ。
面白いと言う感想が貰えました。
まぁ、後の3本より、これでよかったぁ!と言うのが、私の感想かな・・・
だって、先の2本は、私には、難解で・・・
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 09:32 | 韓国映画 | Comments(0)
絶対の愛
ジャンル : ラブ・ストーリー
製作年 : 2006年
製作国 : 韓国=日本
配給 : ハピネット
上映時間 : 98分

キャスト・スタッフ - 絶対の愛
監督・製作・脚本 : キム・ギドク
出演 : ソン・ヒョナ 、 ハ・ジョンウ 、 パク・チヨン 、 キム・ソンミン

愛するジウに飽きられてしまうのではないかと不安が募り、整形してしまうセヒ。
目の前から唐突に姿を消したセヒを忘れられずに、ジウは、寂しさを埋めようと他の女性と愛し合おうとするが・・・
そして、セヒとよく行ったカフェで魅惑的なウェイトレスのスェヒと出会う。
彼女に惹かれてゆくジウ・・・
だが・・・

☆韓国映画界の鬼才と言われるギドク監督。
またまた、名監督の作品ですが、彼の作品は、やはりこれが初めてでした。

愛を失いたくないがために顔を変えてまで、彼を繋ぎ留めておきたいと願うセヒ・・・
私の理解の範疇を超えていました。
永遠なんて・・・存在しないのかもしれない・・・?

けれど、愛した記憶は消えはしないと思うし、結果だけじゃなくて、どう愛したかが重要な気がした。

愛するって・・・我が子を愛する無償の愛以外は、自己満足に過ぎないのかもしれないなんて思ってしまった。

疑心暗鬼・・・男と女のことなんて、限がないような・・・

手放しで愛せたらいいけれど・・・

真っ直ぐに、真っ白な心で!


今、実践中かも・・・?


誰かを思う事で満たされ、生きる意味を知る。

知らず知らず、その人を思うだけで、笑みが零れる。

誰かを思う・・・幸せな時間なのかもしれないね。

自分の存在までも愛おしく思える・・・

優しくなれる・・・

愛・・・不思議な感情・・・

でも、セヒが迎えた結末はあまりにも可愛そうで・・・

愛を信じられないって・・・寂しいな・・・


因みに、整形に関しては、痛そう、怖い、親に貰った身体を弄りたくない。
そんな感じです。
某TV番組で、生まれ変わりたいって、チャレンジしている番組ありますが・・・
番組自体は見ておりませんが、番宣で見る事があるのですが、あれって、どうなんだろうって・・・

でも、人それぞれですので、良いとか悪いとかの問題ではないですよね。

ただ、心を忘れなければ・・・
真っ直ぐでいられれば・・・
いいな・・・

何だか、映画の感想とは、離れてしまったようですが・・・

韓国映画・・・奥が深いと言うのが、一番の感想かな・・・
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 09:31 | 韓国映画 | Comments(0)
非日常的な彼女
ジャンル : コメディ
製作年 : 2004年
製作国 : 韓国
配給 : AMGエンタテインメント、東京テアトル
上映時間 : 102分

キャスト・スタッフ - 非日常的な彼女
監督 : イ・サンフン
出演 : チェ・ミンソ 、 ユ・スンホ 、 チョン・ウンイン

高校生チョルスと過激な女子高生エランの一夜が、二人の運命を大きく変えてしまった。
妊娠したエランは、高校のトイレで出産。
保守的な両親に許しは貰えず、赤ちゃんをバイク便で授業中のチョルスに届け、アメリカ留学してしまう。
突然、父親にならざるを得なかったチョルスは、高校を退学し、いかがわしいクラブで働きながら息子チョウォンを育てていた。
貧しいけれど、父子の絆は強く、チョウォンは、駄目駄目な父親を愛し、酔っ払った父を甲斐甲斐しく面倒見るほどに成長していた。
ある日、チョルスの高校時代の友人ジョルグの会社に、アメリカで出世したエランが上司として赴任してくる。
そして、ジョルグに連れられて、チョルスの働く店を訪れ、再会と相成るが・・・


☆どうもチョルス役のチョン・ウンインが、コメデイアンの山崎邦正に見えてしまって・・・(笑)。
チョウォン役のユ・スンホは『おばあちゃんの家』や天国の階段でクォン・サンウの子役時代を演じた子で、なかなか演技、上手でしたよ。
エラン役のチェ・ミンソ、アクション頑張ってましたね。

母子の情愛を描いたものではなく、父子愛が中心。
コメディーだけれど、涙もあり。
これは、先にUPした2本の作品とは異なり、私にも十分理解出来るものでした。
[PR]
by pink_alien98 | 2008-02-26 09:31 | 韓国映画 | Comments(0)