LUNAママのぷれしゃす
usaluna.exblog.jp

連れ連れなるままに大切な人や物、出来事について
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
お気に入りブログ
最新のコメント
>2018-04-11 ..
by pink_alien98 at 23:12
> 2018-04-04..
by pink_alien98 at 00:35
>2018-03-30 ..
by pink_alien98 at 22:07
>2018-03-29 ..
by pink_alien98 at 22:48
>2018-03-21 ..
by pink_alien98 at 22:11
>2018-03-10 ..
by pink_alien98 at 09:53
>2018-03-08 ..
by pink_alien98 at 23:54
>2018-03-04 ..
by pink_alien98 at 07:55
>2018-02-20 ..
by pink_alien98 at 11:15
>2018-02-15 ..
by pink_alien98 at 23:34
>2018-02-12 ..
by pink_alien98 at 22:12
>2018-02-08 ..
by pink_alien98 at 08:00
>2018-02-06 ..
by pink_alien98 at 20:55
>2018-01-29 ..
by pink_alien98 at 20:52
>2018-01-22 ..
by pink_alien98 at 18:27
リンク
イ・ビョンホン
ジャパン オフィシャル ファンクラブ


BH Entertainment

セピア写真館・木霊分室

わくわく!バンジージャンプするっ!

Myさらんビョンホンoppa

ボケのひとりごと LBH三昧

韓流HiT!

韓流ショップ


☆お願い。
どんな事でも構いません。
誹謗中傷以外なら、足跡残して行って下さいましな。

☆もしもこのブログをリンクされる時には、先に私にご連絡下さいませ。

☆ここで記載させて頂いている画像・引用文の権利は、著作権元に帰属します。 あくまで、わたくしの趣味の範囲でのこととご承知置き下さいませ。

☆ 素材やさん Lip Stick

素材やさん   NOION

素材やさん あんずいろapricot×color


☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆
何かありましたら、こちらの方へ連絡下さいませ。
precious0712@hotmail.co.jp

 
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
2014年版・演技力だけ..
from dezire_photo &..
万能調理器具レミ・ヒラノ..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
単身 引越し準備リスト
from 単身 引越し準備リスト
収納のマル秘テクニック
from 収納のマル秘テクニック
引越し 日取り 吉日
from 引越し 日取り 吉日
アウトラスト お昼寝マッ..
from エコの時代! 節電・節約・エ..
女優やトップモデルに大人..
from トリーバーチ(TORY BU..
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
IKEA家具のスペシャリスト
from Witch House
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
誰にでも秘密がある
画像下げました。(bhjwloveより)↑

本当の愛を教えてあげる・・・

いやぁ~、これ、ビョンホンシだから、存在した映画では・・・
こんな男はいないわ!彼以外には無理!!
 
ミヨン:男の最後の愛が女の初恋を満足させる(バルザック)

ソニョン:愛は雷のように近づき霧のように去る(ドップラー)

ジニョン:自由よ!その名で罪が犯されるのだ(ロマン・ロラン)

原作は「About Adam」という演劇のためのシナリオ。
イギリスでは、2000年に同じタイトルで映画化されている。
私は、見ていませんが、何方か見られましたか?

これ、劇場で4回。内、1回は韓国版で見ました。
そして、映画を観る前に掟破り(?)のノベライス本を読んでしまうという始末。
ビョンホンシを知ってから、初めてのロードショーに待ちきれずの行動でした。
でも、全然、O.Kでしたよ。
そんな事忘れてしまうほど、じっと見入ってしまいましたから・・・
私的には、断然、日本版がよかったですわ。

軽妙な音楽と共に、3人3様の恋愛が一人ずつ順に繰り広げられてゆくという、面白い流れに、こんなのも在りねと思いました。
お相手によって少しずつ変わるビョンホンシの演技にドキドキ・・・

何方との恋愛がお好き?
聞くほうが野暮ってものかしら?
そそ、私は、もちろんソニョン!!

この図書館でのシーンが大好きでした。
こちらまで、耳がこそばゆい感じがしてしまったほど・・・
皆さんは、どのシーンがお好き?
あと、ジウちゃんがんばりましたねぇ~。
とっても愛らしくて、ますます、好きになりました。
雨の中、スヒョンを訪ね、キスだけならもっとしてもいいかもって言うところも可愛いっ!
そして、あのキスシーン、ビョンホンシがジウちゃんを抱き寄せないで、ソファーに手を付いてキスするのがまた良くて・・・
お母さんのお誕生日にテーブルの下で、スヒョンが靴を脱いで悪戯するところも、いいわ。
 
「どれだけリアルな演技から外れたらいいかが難しかった」と言う、ビョンホンシ。コメディー、きっと、リアルさを追求する彼のことだから、悩んだかもしれませんね。
「今まで気が付かなかった自分のコミカルな部分を発見できました」と、ジウちゃん。
そう、とってもいけてましたよ。
涙の女王と呼ばれる彼女の挑戦でしたね。
でも、来日された時もとっても息のぴったりと合った二人。
素敵でしたね。さぞかし、撮影現場は、和気あいあい、楽しい雰囲気だったことでしょう!
DVDで見たポスター撮影時の彼らの間に、愛を感じずにはいられなかったのは、私だけかしら?
「この女性を変えたのは、僕です。」なんて、言っちゃったり、
はたまた、ジウちゃんの足の間からピースサインのビョンホンシ、ほんとお茶目で・・・

これは、お相手がビョンホンシだったから、実現した共演作品。
美日々からの初めての映画・・・
全然異なる二人が見れましたね!

それから、私的にちょっと、いただけなかったのは、ジニョンとのラブシーン。
これは、見たくなかったかも・・・でした。
皆さんは、如何でした?

それから、残念だったのは、ホームパーティーでのスヒョンとイェスルのダンスシーンがカットされているのは、実に勿体なかったなぁ~
素敵なビョンホンシだったのに・・・

そして、弟デヨン~
う~ん、生まれながらのお顔、親にどうこうは言えませんが!
しかし、ビョンホンシとのトイレでのシーン・・・
演技力は認めますよ!その存在感も結構なもので・・・
しかし・・・いえ、これ以上は言うまい!!

あと、ジニョンのだんなさんのキム・ヘゴンさん、甘い人生の密売のボスとは!やはり、韓国俳優侮れませんね。

ただ、単に軽快なラブコメディーではなく、やはりビョンホンシは、必ずや、見終えた後に、いろいろ考えさせてくれるなぁと、思った作品でした。
やっぱり、人生、簡単じゃないけれど、たった一回きり、自分らしく楽しまねば・・・
愛するっていいなぁ~と・・・

それにしても、どこまでもかっこいいビョンホンシでした。
急にスヒョンでしたが実は、昨夜のマイ・ボディガードのせいで、眠れなくなりこれを気分転換に観てしまったという、私でした。
で、UPしてみたという。

それから、もしもDVDをお持ちでしたら、もう、ご存知とは思いますが、
コメンタリーで、三姉妹がとっても面白可笑しく、語ってくれていますので、如何でしょうか?
私は、ある方に教えて頂くまで、その存在に気が付かなかった、おまぬけでした。

さて、誰にでも秘密がある・・・貴方にも秘密がありますか?


☆追記。
このソニョン、Mr.LeeのJ姫は彼女が少し入っている感じです。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-11 10:30 | 韓国映画 | Comments(12)
マイ・ボディガード
f0008449_1265359.jpg


2004年、アメリカ映画。
トニー・スコット監督。
デンゼル・ワシントン。アカデミー賞受賞俳優。
ダコタ・ファニング。「アイ アム サム」主演。

守りたい
男に生きる希望を与えてくれたのは、
たった9歳の少女だった。

今、見終えました。
一人で見ていたので、心が痛くてもどこにも行き場がありません。
なので、ちょっと、ここで・・・

実に、音楽が効果的に使われていて、参りました。
その調べだけで、涙が・・・
セリフがない所でも、音が語ってくれています。

そして、いつものごとく、デンゼル・ワシントンにビョンホンシを重ねて見てしまいました。
最近の変な癖で直ぐに何を見ても、ビョンホンシだったらって、心の隅っこで思ってしまいます。
彼なら、ここはどう演じるんだろうとか・・・
でも、本編にのめりこんでいないわけでは、ありません。
見終わった後に思い返して、当てはめてゆくという変な作業を行ってしまいます。

私は、あまり深く考えずに感情のままに映画を見る人なので、レビューなんて無理ですが・・・
ひどく残虐なシーンが多かったので、ちょっと、辛かったですが、いい映画でしたよ。
人を繋いでゆくものは、やはり愛ですね。
そして、人の心を癒し、溶かしてくれるのも・・・
自分以外の誰かを愛すって、大切なこと・・・。

ダコタちゃんの演技が上手なのか否か?
よくはわかりませんが、子役の子って成長すると「えっ?この子があの子?」ってあるじゃないですか・・・
彼女は、数年後どうなっているのだろうと、考えてしまいました。
あの澄んだ綺麗な青い目が生き生きと輝いているといいなと願いました。


余談ではありますが、息子は卒論で、必死!
そして、我が家の愛すべき、ちびたぬちゃんは、スキー合宿でいません。
お稽古の送り迎えもなく、のんびり出来るはずなのに、転んでいないかな?
雪はどんな感じかしら?
寒くはないかな?
もう、夕飯食べたかしら?
等など、気になって、静かでDVD三昧できるはずが、何だか寂しい母です。
で、こんなにせつないマイ・ボディガードなんて見てどうするんでしょうね。
また、眠れないわ・・・。
DVDの選択ミスでしたわ。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-10 23:52 | 映画/ドラマ | Comments(2)
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~30
J姫に駆け寄るスヨナ、本来なら、こんな時はMr.Leeが直ぐに抱きとめてくれるのに・・・
薄れ逝く意識の中で、Mr.Leeを求めて止まないJ姫だった。
J姫は、直ぐに病室に運ばれ、安定剤の入った点滴を受けた。
時折、眉根をひそめる事はあったが、とりあえずは落ち着き今は眠っているようであった。
レイは、意識の戻らないMr.Leeの側で、ただ、見守り続けていた。
いつ、Mr.Leeが目覚めてもいいように・・・。
しかし、蒼白な顔色のまま、ただ、静かに生死の境を彷徨うMr.Lee。
「J姫様!まだ、起き上がってはなりませぬ!」
「まだ、安静にとお医者様が仰っておられますのに・・・」
「スヨナ!離して!!」
「Leeの所にゆかなくちゃ、私が側に付いていなくちゃ!」
「J姫様・・・」
そんなやりとりが聞こえたかと思ったら、J姫が涙の後を拭いもせずに、
Mr.Leeのベッドへと走り寄って来た!
「J姫さま、ご無理をなさっては、なりませぬ。」
「私が、Mr.Leeにお叱りを受けなくてはならなくなりますから・・・」
レイは、無理に笑顔を作り、J姫をそっと、Mr.Leeの側の椅子へと導いた。

More
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-09 22:28 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(10)
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~29
対向車から降り立ったのは、顔色ひとつ変えていないレイだった。
何故?レイ・・・
まさか、アンドリューの手先だったのか・・・
いや、あまりの突然のアクシデントに思考回路が停止してしまったのだ。
しかし、さすがレイ、それも一時の事で、脱兎のごとくMr.Leeを車内から引っ張り出し、その直後にSLKは爆発音と共に、炎を上げて燃え始めた。
レイは、Mr.Leeの頭から流れ出ている出血を止めるための応急処置をほどこす。
そして、すぐさま、救急車を呼び、ユナにも連絡を取る。
「Lee様、Lee様、お気を確かに、どうか、目を覚まされて下さい!!」
レイは、大きな声でMr.Leeの名を呼び続けながら、抱きしめていた。
直ぐにでもレイは自分で車を運転して病院へと駆けつけたかったが、やはり、彼の車もかなりのダメージを受けていたのだ。
そこに、ユナが猛スピードで車を横付けた。
「Lee様!」
「どうして、こんな事に・・・」
「君は何も知らないと言うのか?」
「はい。」
「あぁ、そんな事はあとからだ!ちっ、救急車は何て遅いんだ!」
「一刻を争うのに・・・」
唇を噛み締めるレイ。
「レイさん、私が運転します!」
「Lee様を早く後部席に!」
「よしっ!」
体格のよいMr.Leeをやっとの思いで静かに座席に横たわらせ、
そして、ユナはアクセルを全開で発進させた。

More
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-09 13:07 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(10)
題名のない音楽会。
http://www.tv-asahi.co.jp/daime/html/onair.html
バックナンバーの所の1月8日です。

DAVID GARRETT

朝から、すごい音に遭遇してしまった・・・
f0008449_11505499.jpg

f0008449_12101830.jpg


クラシックに造詣が深いわけでは決してないので、ただ、ヴァイオリンは大好きな楽器のひとつ。息子も3歳から習っていたので、愛着のある楽器。
無造作に後ろでまとめた長髪、Gパンにジャケットという出で立ち。
時に優しく、時にとてつもなく激しく・・・
奏でられた音の輝きに、心がぎゅっとなった。
そう、思う事は、ビョンホンシと重ねてしまった・・・
何かを生み出す人には、同じ空気感が漂っているように感じる!
恐ろしいほどの集中力と繊細な雰囲気、時に神経質なまでに見える眼差し!
上手に表現出来ない、自分のボキャブラリーの無さが情けないほど・・・
素敵な時間でした。

他の出演者の方々も錚々たる音楽のために生まれた!という・・・面々でした。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-08 12:06 | MUSIC | Comments(2)
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~28
「ユナ!」
「また、罠に嵌めようというのか!」
「いいえ、そんな・・・」
「私は、何も知らないわ。本当よ。信じて!」
Mr.Leeは、思わず強く掴んだユナの肩から手を下ろし、
「すまない・・・」
「君を信じてやれないんだ。」
「いいえ、だって、あんな事をしてしまったんですもの。」
「ユナ、教えてくれ。」
「何故、突然、姿を消し、そして伯母と現れたのか?」
「はい、Mr.Lee・・・」
「リナ奥様亡き後、Mrs.ソナがいきなり現れて、私をカイン伯爵様のお屋敷から、引き取ったのです。」
「Mrs.ソナも姉上様を亡くされて、とても悲しみに包まれ、私を引き取る事でリナ奥様の意思を引き継ぐように思われたようです。」
「そうだったのか・・・」
「しかし、腑に落ちない!何故、憎んでも憎んでも足りない僕と君を結びつけようなんて・・・」
「僕だけが苦しめばいいんだろう・・・なのに?」
「いいえ、Mrs.ソナは私がどれほど貴方を愛しているのかをご存知だったのです。」
「だから、私を苦しめることなく、J姫から、貴方を奪うことで、貴方の命にも変わる大切な絆を引き裂けば、それが、貴方への一番の苦しみになると・・・」
「でも、それは、叶わない夢でしたね。」
「たとえ、その身を拘束したとて、その心までは、私のものには決してならない・・・」
「わかっていました。こうなることはわかっていたのに・・・」
「ごめんなさい。」
「さぁ、もう、J姫のもとへ、お帰り下さい。」
「J姫がきっとまた、すごく心配されている事でしょう。」
「先ほどの件は、こちらでも直ぐにお調べ致しますから。」
「あぁ、分かった。」
「ユナ。元気で・・・」
「きっと、君にも素晴らしい出会いが待っているさ!」
Mr.Leeをじっと見つめるユナのその瞳から、大粒の涙が止め処なく流れる。
しかし、もう、Mr.Leeはその涙を拭おうとはしなかった。

More
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-07 21:25 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(12)
今宵、カクテルは如何・・・
ルジェ・クレームドカシス
f0008449_2021389.gif


f0008449_111515.jpg

↑小さくてミアネヨォ~!!


これ、1:100%のオレンジジュース5で(1:5です。)とっても美味しいカシスオレンジの出来上がり!
ちょっと、甘~いお子ちゃま、カクテル・・・。

☆追記
カシスとオレンジのフルーティーさが満喫できる、男女問わず大人気のカクテル。家庭でも手軽に作ることができるので、ホームパーティーのときなど、簡単でかつ喜ばれるおもてなしのドリンクとしておすすめ。アルコール度数も控えめなので、お酒に弱い人にもうれしいカクテルである。

「ルジェ クレームドカシス」はディジョンの老舗メーカー・ルジェ ラグート社が製造する元祖カシスリキュール。カシスとは日本語で黒スグリ。ワインの産地・ブルゴーニュ地方・コートドール地区の厳選されたカシスのみを使用したリキュール
(↑SunTORY Liqueur & Cocktail HPより)

☆追記2
カシスとは、黒すぐりのこと。英語では「ブラックカラント」。●黒すぐり(オレンジの10倍のビタミンCを含む)のエッセンスでつくったリキュール。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-07 14:58 | レシピ | Comments(12)
KBS 1TV
KBS 1TV <フォトドキュメンタリー>
第11回イ・ビョンホン便第2部

放送時間: 2006.1.10 (火) 夜 11時 40分 / 製作社: ホブネッ

----------------------------------------------------------

<イ・ビョンホン-2部>

オングトング! しゃれ! 天真! 岫落!
俳優の真剣さを脱いだ自然人イ・ビョンホン!

文字送りの達人, 腕相撲道士, バーベキュー専門家
ジャズとワイン, エスプレッソを愛する都市おしゃれイ・ビョンホンの面貌まで...

俳優の徹底的で完璧な姿後には
誰よりも平凡で気軽い男イ・ビョンホンがいる.

“お酒飲んで報道ブロックの上で寝た!”はイ・ビョンホンの爆弾発言,
俳優荒政民が言う “イ・ビョンホンとうじ事件”の真相,
俳優の夢を植えてくれたお父さんに対するイ・ビョンホンの切々たる士夫曲など
俳優という名前後に隠された人間イ・ビョンホンの本当排気面貌たちを,

映画俳優キム・ヒソン, 荒政民, シン・ウンギョン, ゾングゼヤング, 製作者理由陣など映画界知人たちと
写真作家キムジュンマン, デザイナーゾングウックズン, ヘアデザイナー閔型である, ファッション記者辛酉陣, 金哀慶, イ・ビョンホンの 20ニョンジギ友達の鮮やかな話で照明する.

見たいけど、見れない・・・。
とっても、興味深いですよね。
知りたいビョンホンシがきっといっぱいなんでしょうね。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-06 21:37 | Comments(2)
ヴァンパイア伝説~Mr.Lee!~ 27
Mr.Leeはユナに会うために、岬の突端にあるMrs.ソナの別荘を目指して愛車のシルバーのSLKのアクセルを全開で飛ばしていた。
折悪しく、空が瞬く間に暗くなり始めたと思ったら、突然の雨・・・
まるで、行く先を暗示しているような、不穏な空気に、Mr.Leeの顔色も優れない・・・
(いや、僕には守るべき人、Jがいる!)
(もう、運命に翻弄されるのはまっぴらだ!)
(たとえ、誰を傷付けてもかまうものか・・・)
(いや、ずっと、傷を負って来たのは、この僕だ。)
(もう、僕は、小さかったあの頃の僕じゃない!)
(だから、Jだけは、守らなくては・・・)
別荘を目指しながらも、Mr.Leeの心の中には、J姫の今朝の何ものにも変えがたい笑顔が、浮かんでは消え、また、浮かぶのであった。
別荘に辿り着き、そのエントランスに降り立ったMr.Leeに微かな緊張がよぎる。

More
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-06 21:10 | プチ創作☆Mr.Lee | Comments(8)
この子って、ビョンホンシのワンちゃん?
彼はall in時のある人をたたき終わって憲法の一匹のすべて暗い子犬をとることを送る
憲法をとってそれに取るように手伝う名前を"Tan"と言う(命名する理由がそれが黒色なためだ)
↑翻訳機君もいまいちだし・・・。
f0008449_14374519.jpg

(↑タイワンサイトより)
何方か何かご存知でしたら、教えて下さいませ。
よろしくお願い致します。

☆追記
よ~く、考えてみたらこれって・・・
○○○ちゃんにあげたワンちゃんなのかしら?
で、手前がビョンホンシの手?
すみません、皆さんのお叱りが飛んで来そうなものを知らずに、UPしてしまったかも・・・。
[PR]
# by pink_alien98 | 2006-01-06 14:38 | Comments(0)